TOP みんなの脱毛コラム 脱毛お役立ち情報 脱毛部位TOP

脱毛部位って全部でいくつ?部位ごとの特徴から、脱毛適正を診断!

「脱毛したい!」と思っても「だけど、脱毛部位って多すぎてわからない!」と思ってはいないでしょうか?

その通りです。脱毛の対象となる部位は、全身の至るところにあり、全てを把握することさえ困難です。

なにも考えずに勢いで脱毛してしまうと「ここよりも、もっと優先的に脱毛すべき部位があった!」と失敗してしまうかもしれません。

そこでこの記事では、部位ごとの脱毛の必要性、料金、効果の出やすさなどを徹底的に比較しました。

この記事を読めば、あなたがまず最初に脱毛すべき部位、次に脱毛すべき部位が明確になること間違いなしですよ!

☆手っ取り早くを脱毛・処理したいなら、脱毛LOVEオリジナルWEBカタログ『脱毛サロン完全マニュアル』が必見です。あなたにピッタリの脱毛サロン・クリニックが簡単に見つかりますから、まずはマニュアルをご覧ください。

脱毛部位って全部でいくつ?≪さらに種類や時間も≫

脱毛部位

脱毛部位が全部でいくつあるのかをご存知でしょうか?脇や足、デリケートゾーンなどたくさんの種類があるのはなんとなくわかるけど、実際に「いくつあるの?」と聞かれると、首を傾げてしまうのではないでしょうか?

「脱毛したい!」となんとなく思ったあなたも、まずは脱毛の対象となる部位が全身に何箇所くらいあるか、SパーツとLパーツの違いや、それぞれの料金や施術時間についてチェックしてみましょう。

【考え方は様々!】脱毛部位はサロンやクリニックによって違う

部位の数は、サロンやクリニックによって違います。

もちろん、同じ体に対して行うものなので、基本の考え方は変わりませんが、サロンやクリニックによって「数え方」や「まとめ方」が変わるので、部位の数も変わってきます。

ちなみに銀座カラーは30部位、キレイモは33部位、恋肌は62部位、エピレは30部位、ミュゼは22部位、です。

圧倒的に多く見える62部位の恋肌は、例えば「お腹」を「お腹右」と「お腹左」に分けて数えています。

通常は左右を同時に行うので、その場合は「お腹」とカウントしてよいでしょう。それを考えると、だいたい「30部位」くらいが平均的な脱毛部位数と言得ます。

【SパーツとLパーツ】脱毛部位の大きな2つの分け方

Lパーツ・Sパーツとは?

一般的に、脱毛サロンでは脱毛面積の狭い部分を「Sパーツ」、広い部分を「Lパーツ」と定義しています。

好きな部位と回数を自分でカスタマイズできるプランを採用しているサロンでは、「Lパーツ1回分」=「Sパーツ2回分」としているところが多いです。

ミュゼを例にとってみましょう。

Sパーツの対象となる部位

ワキ、乳輪周り、へそ周り、両手の甲と指、両ヒザ、両足の甲と指、襟足、腰、
トライアングル上、トライアングル下、Vライン、Iライン、ヒップ奥

Lパーツの対象となる部位

胸、両ヒジ上、両ヒジ下、お腹、両ヒザ上、両ヒザ下、背中(上)、背中(下)腰、ヒップ

他の脱毛サロン大手エピレでは、胸が胸センターと胸の2ヶ所に分かれていたり、ヒップがヒップとヒップ奥周りに分かれていたりします。

サロンによって部位の名称が変わってくるので、自分が施術したい部位はSパーツなのかLパーツなのかを事前にチェックしておきましょう。

【時間は?】LパーツとSパーツそれぞれの施術時間を細かく紹介!

それぞれの脱毛にどのくらいの費用が掛かるか?

それぞれの部位にかかる施術時間はどれくらいなのでしょうか?

サロンの光脱毛には、ミュゼプラチナムが採用しているSSC方式、エピレが採用しているIPL方式、ラココが採用しているSHR方式があります。

IPL脱毛を採用しているエピレを例にとってみましょう。

Sパーツ
両ワキ8分、胸センター9分、乳首周り4分、へそ周り4分、
ビキニライン(上)8分、ビキニライン(S)両サイド10分、手足の甲・指10分、両ヒザ8分、両足の甲・指7分、鼻下3分、アゴ2分、えりあし4分

Lパーツ
両ヒジ上25分、両ヒジ下25分、胸(乳輪・センター含む)15分、お腹(へそ周り含む)15分、ビキニラインL(両サイド)11分、両ヒザ上35分、両ヒザ下31分、首後ろ(えりあし含む)11分、背中(上)14分、背中(下)14分、ヒップ周り(腰含む)12分、ヒップ11分、ひたい5分、
ほほ10分、フェイスライン4分、トライアングル6分、Iライン6分、Oライン4分

全身脱毛であれば、2人以上のスタッフが同時に作業をしてくれるため、大体1時間半程度で終わることが多いようです。

また、一回当たりの施術時間を抑えるなら、まだ普及数の少ないSHR方式を採用しているサロンを選びましょう。

超高速連写式のため、ワキであれば8分かかっていた脱毛が1分、全身脱毛も最短20分に時間を短縮することができます。

脱毛が初めての人におすすめの部位3!≪部分から全身まで≫

1回あたりの照射にかかる時間はわかったけど、そもそもどの部位が人気なんだろう…?
「とりあえずみんながやっている部位を自分もやっておきたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

脱毛LOVEに寄せられた口コミを元に、最も人気だった3部位をご紹介します。

【初めてのお試しに最適!】オススメの部位1:ワキ

初めての人におすすめの部位1:ワキ

ワキは、「Vラインとセットで100円!」といったキャンペーンが多く行われている部位。「本当に100円で脱毛してくれるの…?」「勧誘めちゃめちゃされるんじゃないか…」と不安な人も多いかと思います。

たしかに、サロン側には「まずは低価格で試してもらい、本当に良ければ他の部位も契約してほしい」という思惑があります。

口コミやレビューに影響するので、無理に勧誘をしてくることはありません。

しかし、「キャンペーンで安いからワキだけ契約したけど、効果があるから他の部位も試してみたくなった」という人は本当に多いのです。

ワキは鏡越しじゃないとムダ毛が確認できないし、ノースリーブや水着を着る機会の増える夏場は、特に自己処理が面倒くさいですよね。

脱毛初心者の方は、試しにワキだけ契約してみるのもいいかもしれません。

 

≫ワキ脱毛のメリット・デメリット|脇の黒ずみは?汗の量は減るの?

【脱毛してよかったと思える!】オススメの部位2:Vライン

初めての人におすすめの部位2:Vライン

Vラインも、よくワキとセットでキャンペーンが行われていますよね。

「自分のデリケート部分をさらすの?恥ずかしくない?」と思われる方も多いことでしょう。

しかし、施術中は面積の狭い紙パンツを履き、Vラインの部分だけをズラして施術するのでそれほど恥ずかしくはありません。

「今まで自分のVラインの毛を気にしたことがなかったけど、確かに施術してみるとパンツからムダ毛がはみ出なくなった」と高評価をつける人が多い部位です。

Vライン脱毛をすることでデリケートゾーンへの脱毛に抵抗がなくなり、「結果的にIラインやOラインも脱毛したくなった!」という人も多いようです。

 

≫Vライン脱毛のメリット・デメリット9選|気を付けたい脱毛NGの条件

【長期間でしっかり脱毛】オススメの部位3:全身

初めての人におすすめの部位3:全身
「お金に余裕が出てきたら全身脱毛を…」と考えている人も多いかと思います。

しかしよく考えてみてください、お金に余裕が出てくるのはいつでしょうか?

「結婚願望はない」と考えている人なら別ですが、結婚・出産・子育てというライフプランが待ち受けているあなたにとって、余裕が出てくるのは、「独身の今か子どもの独立後」この2択しかありません。

だったら独身のうちに脱毛を終えておきたいですよね。

最近では、格安の月額制を取り入れてるサロンも増えてきました。しかし注意したいのは、「全身を1度に照射した1回あたりの値段が格安」ではないということ。

  • コロリーの月額980円は、「3回コースを36回払い」した時の1ヶ月あたりの値段
  • 脱毛ラボの月額1,990円は、1度に4部位ずつ照射するため全身1周するのに1年かかる

全身脱毛は、高い買い物ですので、広告の文言だけを見て契約せず、納得いく料金だと分かってから契約するようにしましょう。

 

≫全身脱毛のメリット・デメリット|人気のプランも合わせてご紹介!

【効果が出やすい!】短期間で終わる部位

サロンやクリニックで使われる脱毛器は、黒いメラニン色素に反応して毛根にアプロ―チをしていくため、毛が太く濃い部分の方が効果が早く表れます。

ただし、量も多いためその分の期間がかかります。

効果が出やすく、短期間で終わる部位でおすすめなのは腕と足です。

顔や手の甲といった産毛に近い毛の脱毛は、メラニン色素が薄いためその分脱毛期間が長くかかってしまうのです。

腕や足は適度に毛が濃く、毛量もワキ程多くないのでおすすめの脱毛部位だと言えます。

【露出も多い場所】短期間で終わる部位1:足

効果が出やすい・短期間で終わる部位1:足

ムダ毛の生えていないキレイな美脚は誰もが憧れてますよね。足は露出する機会も多く、男性にも厳しくチェックされている部位です。

足はひざ上・ひざ下の2パーツに分けられます。「ひざ上は毛が薄くてあまり気にならないし、ひざ下だけでいいかな!」という人はまずひざ下から初めてみましょう。

「ワキ・Vライン・ひざ下・ひじ下」をセットで契約する人は、実はかなり多いのです。ワキとVラインだけじゃ物足りないな…という人におすすめの組み合わせです。

 

足、ひざ下脱毛のメリット・デメリット|自己処理時のNG行動もご紹介!

 

【まずは肘下から!】短期間で終わる部位2:腕

効果が出やすい・短期間で終わる部位2:腕

腕も足と同様露出する機会が多く、半袖を着る機会の多い夏は毎日自己処理が必要ですよね。

また、夏場だけに留まらず、「何気なく腕まくりをしたら放置していた腕のムダ毛を他人に見られてしまった!」という事態にもなりかねません。

腕は、ひじ上、ひじ下、手の甲・指の3パーツに分けられることが多いです。低予算で始めたい人は、まずはひじ下を検討しましょう。

手の甲や指の毛がどうしても気になる!という人は、腕セットプランのあるアリシアクリニックリゼクリニックがおすすめです。

 

腕脱毛のメリット・デメリット|自己処理と比べてみた結果…!

腕脱毛のメリット・デメリット|自己処理と比べてみた結果…!

【効果が出にくい】時間がかかる部位

産毛のような毛1本1本の色素が薄い部位は、脱毛回数が多くかかります。脱毛に使われるマシンは黒いメラニン色素に反応するので、うまく毛根にアプローチができないためです。

かといって、効果がないというわけではありません。サロンでは部位によってマシンを使い分けているところがほとんどです。

全身脱毛を考えている人にとって、脱毛回数に差がでるなら事前に知識として知っておきたいですよね。

【そもそもやっていないサロンも】時間がかかる部位1:顔

効果が出にくい・時間がかかる部位1:顔

顔の脱毛と聞いても、ピンとこないかもしれません。それもそのはず、大手脱毛サロンのミュゼは顔の施術を行っておらず、エピレでも行えるのは鼻下とアゴのみ。

でも考えてみてください。

ボーボー眉毛をほっそり眉に、全体の産毛をなくして肌色を白く、うっすら生えているひげが全く生えてこなくなったとしたら、今より絶対に美人な自分に生まれ変われると思いませんか?

おでこが狭い・鼻の毛穴が目立つ…といった気になるコンプレックスも、脱毛することにより解消できるかもしれませんよ。

特に全身脱毛を検討している人は、そもそも顔は含まれているのか?含まれているとすればどこの部位なのか?はチェックしておきたいポイントです。

 

≫顔脱毛のメリット・デメリット|肌トラブル解消も!その反面…?

≫おでこ脱毛のメリット・デメリット|形・デザインにも注意しよう!

≫眉毛脱毛のメリット・デメリット|面倒な自己処理とは、即オサラバ!

≫鼻脱毛のメリット・デメリット|ムダ毛が黒ずみの原因だった!?

≫鼻毛脱毛のメリット・デメリット|危険はある。でも、対策もある。

【小顔効果が!】時間がかかる部位2:うなじ・もみあげ

効果が出にくい・時間がかかる部位2:うなじ・もみあげ

素敵なうなじを持っている女性は、皆MW型だというのを知っていますか?うなじを整えると、首が長く見え、小顔に見せられるという効果があります。

「もみあげの毛なんて気にしたことないわ」というあなた。そんなあなたには、もみあげ脱毛は必要ないかもしれません。

逆に「実は前々からもみあげの毛が気になっていたんだよね…」というあなたは、人よりもみあげが長い可能性が高いです。

耳たぶよりも長い場合は、フェイスラインがぼやけて顔が大きく見えてしまっているかも…?

 

≫うなじ(襟足)脱毛のメリット・デメリット|そこ、男性は見てます

≫もみあげ脱毛のメリット・デメリット|小顔になるってホント!?

【需要は多い!】時間がかかる部位3:あご・ひげ

効果が出にくい・時間がかかる部位3:あご・ひげ

女性でもうっすらと生えてしまうひげ。「しまった!デートなのに処理し忘れてる…!私の顔をまじまじと見ないで!」となってしまった経験はありませんか?

ひげは脱毛需要も高く、顔全体はNGでもひげだけ施術を行っているサロンもあります。

Sパーツのプレゼントやキャンペーンを行っているサロンもありますので、他の部位のついでに試してみるのもよさそうです。

 

≫あご・ひげ脱毛のメリット・デメリット!女性もムダ毛処理する必要あるの?

【やってる人は美しい!?】時間がかかる部位4:背中・お腹

効果が出にくい・時間がかかる部位4:背中・お腹

普段自分でまじまじと見ることのない背中。でも実は、恋人に頻繁に見られる部分でもあるんです。

「背中、綺麗だね。」

美意識の高い女性は、男性からのその一言をもらうために、陰ながらに努力をしています。

また、へそ周りに集中的に生えているムダ毛も気になりますよね。ビキニを着る時だけ自己処理をしているという人も多いのではないでしょうか。

しかし自己処理を続けた結果、「なんだか昔より毛が濃くなってきている…?」と悩んでいる女性も少なくありません。

背中とお腹の脱毛を完了させることで、もっと自分に自信を持てるスベスベボディをゲットできますよ。

 

≫背中脱毛のメリット・デメリット|脱毛面積の広さには要注意!

≫お腹脱毛のメリット・デメリット|薄い皮膚で肌トラブルの可能性も?

【デリケートゾーン】人に相談しづらい部位

ワキや足であれば気軽に話題にすることができますが、そうではない、人に相談しにくい部位ってありますよね?

しかも、そのような部位に限って、男性との接触の際にネックになる可能性が高く、下手するとその脱毛をしていないだけで男性との関係にヒビが入ることにもなりかねません。

さらに、VIOゾーンになると、生理のときの快適さが上がるなど、他の部位よりも優先的に脱毛の対象とするための理由が揃っています。

人に相談しづらい部位こそ、脱毛する価値は高いとも言えます。

【お悩みの方多数】人に相談しづらい部位1:胸・乳首

人に相談しづらい部位1:胸・乳首

乳首周りに、産毛レベルではない太い毛がムニュッと生えている。「これって私だけ?」とご心配なあなたへ。大丈夫です、世の中には乳首周りの毛で悩んでいる女性がたくさんいます。

しかし、注意したいのはそのムダ毛の処理方法。「痕が残らないから…」と毛抜きで抜くのを繰り返していると、どんどん毛穴が開いてしまい、太くしっかりとした毛に育ってしまいます。

そして悲しいことに、脱毛LOVEのアンケートでは86%もの男性が「女性の乳首の毛に幻滅したことがある」との回答しています。

一番おすすめなのは、エステティックTBCで行っているニードル脱毛。1本1本、確実にムダ毛を撃退することができますよ。

 

≫胸脱毛を行うメリット・デメリット|異性が気にする上位のムダ毛!

≫乳首・乳輪脱毛のメリット・デメリット|幻滅する男性、86%も!?

【意外なメリットも】人に相談しづらい部位2:VIO

人に相談しづらい部位2:VIO

最近ではデリケートゾーンについても脱毛をする人が急増しています。

VIO脱毛に関するアンケート調査では、60%の人がVラインのみ、Iラインが35%、Oラインが5%という結果に。

水着をキレイに着こなしたい、パートナーにムダ毛を見られたくないとの理由から、IラインやOラインの脱毛に踏み切る人も多いようです。

実際に脱毛を行った人の口コミにはメリットとして、「驚くほど快適!」「生理の時にムレない」と満足している人が多い印象。無毛にせずにセンター部分だけ残せば、温泉に行った時に見られて恥ずかしいと思うこともありませんよ。

 

≫VIO脱毛のメリット・デメリット|自己処理のリスク、こんなにあるの?

≫Iライン脱毛のメリット・デメリット|後悔談100件から学べること

≫Oライン脱毛のメリット・デメリット|安く済む方法もご紹介!

【後悔しないために】脱毛部位の選び方

脱毛にはどんな部位があるのかとそれぞれの特徴についてご紹介してきました。なんとなく自分はこの部位がいいな…と掴めてきたのではないでしょうか?

ところで、みんな部位選びで後悔しないために、どんな基準で考えているのでしょうか?

脱毛には、予算や時間、効果の出やすさ、見られるシチュエーション、体質など複数の要素が絡み合うので、一概に決めることはできません。

ぜひ、下記の項目をチェックし、失敗のない脱毛部位選びをしてください。

【予算or効果?】部位選びの時に優先する項目を決めよう

予算or効果?部位選びの時に優先する項目を決めよう

あなたが脱毛を検討する時に優先したい項目は何でしょうか。

たくさんある貯金を一気につぎ込んで、とにかくスピーディに、効果の高い脱毛をしてしまいたい方もいると思います。

予算が多くないので、必要部位だけ、お手軽にしたい方もいると思います。

特に毛の濃い、気になる部位がある方もいると思います。

人によって状況やニーズが違い、クリニック選びを間違わなければ、そのほとんどのどのようなニーズも、解決してくれます。大切なのは、自分がどの項目を優先するかです。

主な項目は「予算」「時間」「特定部位」「効果が出やすい部分から」「痛くないこと」などが挙げられます。あなたはどの要素を優先するのか、ぜひ考えてみてください。

【キャンペーンが狙い目!】脱毛パターン1:まずは低予算から

まずは低予算から始めようと考えている方は、キャンペーンを行っているサロンを見てみましょう。

ミュゼはワキ+Vライン無制限90円キャンペーン、エピレはワキ6回500円、湘南美容外科も両ワキ6回1,000円など格安で施術を受けることができます。

もちろん、キャンペーンで脱毛したあとには通常プランへの申し込みへ誘導されたりオススメされたりしますが、キャンペーンで行った分だけでも脱毛の効果は現れますし、同時にサロンやクリニックの雰囲気も知ることができます。

そこで「なんか違うな」と思えば、別のサロンを選んでも全く問題はありません。

そのため、最初はキャンペーンとして掲載されているプランに申し込むことで、とにかく費用を抑えることができます。

【効果の実感したい!】脱毛パターン2:まずは濃い部分から

脱毛部位を選ぶときにオススメで、よくあるパターンは「まずは濃い部位から」という選択方法です。

黒々とした、太い毛は体のどの部分に生えていてもインパクトがあり、自分も嫌ですし、他人からも見えやすいのでストレスですよね。

まずは濃い部分に着手することで、脱毛の効果を最速で実感することができます。

脱毛するときに辛いことのひとつが「時間もお金もかけてるのに、成果が上がってる実感がない」ことですが、最も濃い部位から着手することで、効果が上がりやすいので、それを避けることができます。

人によって濃い部位は違い、あまり重要でない部位が濃い場合はおすすめできませんが、最も気になる部位=最も濃い部位だった場合には、迷わずその部位から脱毛を始めるとよいでしょう。

 

≫脱毛の費用と効果を比較!サロン?クリニック?自宅?あなたはどれ向き!?

【後悔しないために】サロン・クリニックの選び方

いざ脱毛するときには、サロン・クリニック選びがとても重要です。

プランや部位、脱毛方式がサロン・クリニックによって違う上、もちろん途中で変更するには多大な労力がかかります。

後悔しないためのサロン・クリニック選びの方法を以下に紹介しますので、参考にしてください。

主にプランや予約の取りやすさについて紹介していますが、実際に選ぶときは、自宅や職場からの通いやすさ、駅からの距離なども計算にいれるとよいでしょう。

【ミュゼやラココで】フリーセレクトプランで好きな部位を選ぼう!

ミュゼが提供しているフリーセレクト美容脱毛コースや、ラココの提供するオーダーメイド脱毛であれば、脱毛したい部位や回数を選んで脱毛することができます。

事前に部位や回数を決められているプランと違って、自分で必要だと思う部位を、好きな回数脱毛できるので、突然の心変わりや気分が変わっても対応できます。

脱毛期間は、だいたい半年〜数年に及ぶので、その間に「この場所を優先的にしたい!」とか「この場所を脱毛してもあんまり意味がないじゃん!」と思い直す方が多いです。

そのような場合でも、適宜部位を選び直せる、カスタマイズできるコースを選ぶと、失敗が少なくおすすめです。

また、ミュゼでは「デイプラン」と「レギュラープラン」から選ぶことができ、平日の12〜18時の利用で料金が安くなるので、平日にも通いやすい方にはオススメです。

【銀座カラーやキレイモで】通い放題のサロンを選んでみよう!

銀座カラーキレイモでは「通い放題プラン」が用意されています。

通い放題プランのメリットは「自分が納得いくまで施術してもらえる」という一点になります。脱毛は、その性質上「必ず」ツルツルになるとは言えません。

規定の回数が終わってもまだ納得がいかない場合というのは多いですが、そのような場合でも自分が納得いくまで通えるのが「通い放題」を選ぶメリットです。

もちろん、その他のプランよりも料金が高くなる場合が多いのですが、引っ越しでもしない限りは施術を受け続けることができるので、自分が納得できる、ツルッツルになるまで通うことができるので、「もう一生、毛に悩みたくない!」という方は通い放題プランを選ぶとよいでしょう。

【予約の取りやすい】クリニックへの予約で時間を有効に!

脱毛する場合、脱毛サロンかクリニックから選ぶことになりますが、総じて脱毛サロンの方が料金が安く、多くのお客さんを高速で回しています。

施術の予約をする際に、サロンの方が予約がとりにくいのはその為です。

せっかく気分よく施術ができていても、予約がいっぱいで自分のとりたい時間に予約がとれないようなストレスは味わいたくないですよね。

そのような方は、クリニックを選ぶのをオススメします。

クリニックの方が価格は高いですが、サロンよりは少ないお客さんで回している場合が多いので、予約がとりやすくなります。

自分のスケジュールを優先させたい!予約時間に振り回されたくない!という方は、クリニックを選びましょう。

 

≫医療脱毛クリニックの総合おすすめランキング20選【技術ピカイチ選】

まとめ:美しく見せたい部分の脱毛は早めに終わらせよう!

まとめ

いかがだったでしょうか?脱毛部位の数、部位ごとの特徴や選び方まで、参考になっていれば嬉しいです。

一口に「脱毛」と言っても、部位の分け方や選択方法、料金の違いなど、考慮することは多岐に渡ります。

脱毛は、キチンと終わらせることができれば一生に一回ですみます。

それでいて、日常生活、バカンス、異性関係まで、幅広いシチュエーションで自分の気持ちを左右する大事なことです。

ぜひ、脱毛部位の選び方、予算の掛け方に失敗せず、「脱毛してよかった!」と言い続けられるような選択をしてほしいと思います。

☆手っ取り早くを脱毛・処理したいなら、脱毛LOVEオリジナルWEBカタログ『脱毛サロン完全マニュアル』が必見です。あなたにピッタリの脱毛サロン・クリニックが簡単に見つかりますから、まずはマニュアルをご覧ください。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報