脱毛LOVEトップ みんなの脱毛コラム 脱毛お役立ち情報 脱毛前に知るべき注意事項やトラブルTOP 脱毛と日焼け

脱毛に日焼けがNGな理由って?どのレベルまでならセーフ?

日焼けNGな理由

「やばーい!脱毛中なのに日焼けしてしまった!」

脱毛サロンやクリニックに通い始めると必ず注意される日焼け。そもそも何故脱毛に日焼けがNGなのか知っていますか?

この記事では、何故日焼けが脱毛にNGなのか、日焼けが引き起こす脱毛トラブル、さらには日焼け防止の方法について徹底解説していきます。

うっかり日焼けしてしまった人、これからビーチに行く予定がある人は、これを読んで日焼けが引き起こす脱毛リスクについて知識を深めましょう!

日焼けは絶対NGな理由 説明 リスク
脱毛効果が減ってしまう 光が黒い肌にも反応して、ダメージが分散されてしまう 脱毛効果が十分に発揮されずに、一回分が終わってしまう
脱毛中に痛みをより感じてしまう 日焼けした黒い肌に光が反応すると、広範囲に渡って痛みを感じることになる 普段よりも更なる痛みに耐えなければならない
肌トラブルに繋がる可能性 日焼け後の荒れた肌に、更にダメージを与えることになる 肌は乾燥しきってしまい、後にシミの原因になるかもしれない

 

※ なお、日焼け肌で脱毛をするならラココストラッシュディオーネがオススメ。スマホからカンタン27秒で無料カウンセリング予約ができます。

どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のサロンやクリニックです!

あなたも安心して脱毛ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトから無料で申し込んでみてください。 無料カウンセリングの内容や施術者の印象で判断して、その後も気持ちよく通うためには「最低でも2件の予約」を今のうちに入れておくことをオススメします。

 

【1番人気】ラココ・・・口コミ評価・満足度No.1!脱毛するなら安い・早い・無痛のラココ!

LACOCO

 

【2】ストラッシュ・・・痛みが少なく最短6ヶ月で終わる最新の脱毛方法を導入!

ストラッシュ

 

【3】ディオーネ・・・日焼け肌や敏感肌でも脱毛できる!肌の弱い方にオススメ

 

脱毛中に日焼けは絶対NGである3つの理由

「脱毛中は日焼けをしないようにお願いします」とサロンやクリニックで言われますよね。脱毛効果が弱まるとは一体どういうことなのでしょうか?

光脱毛

そもそも脱毛とは、レーザーを皮膚に照射し毛根にア刺激を与えます。レーザーは黒いメラニン色素に反応し、細胞を破壊。ムダ毛を細く弱らせていくことで脱毛を実現しているんです。

なのでレーザーを日焼けした肌にあてると、黒い毛や毛根だけではなく黒い肌にも反応し、広範囲に渡って皮膚にダメージを与えてしまうことになります。

太陽光よりダメージの少ない日サロで焼いた肌なら問題ないのでは?と思うかもしれませんが、日焼けと脱毛の相性が悪いのは、肌ダメージの問題だけではないのです。

実は黒い肌に光が反応してしまうという問題の方が大きいので、太陽光であっても日サロであっても日焼けした肌は光脱毛できません。

では具体的に、日焼けをした肌で脱毛を行う際に伴う3つのリスクを紹介します。

理由1.脱毛効果が減ってしまう

1つ目は脱毛効果が減ってしまうということです。

本来レーザーは毛や毛根にピンポイントでダメージを与えるはずが、黒く日焼けした肌にも反応し光が分散します。

毛や毛根が受けるダメージは低下し、脱毛の効果は減少してしまいます。

うっかり日焼けをしてしまったにも関わらず、「脱毛を早く終わらせたいから」という理由で脱毛サロンに行くのはおすすめできません。日焼けした状態で脱毛施術を受けると、十分に効果が発揮されずに1回分を無駄にしてしまうのです。

通い放題プランなら良いですが、回数プランだと日焼けした肌で施術を受けるのは非常にもったいないです!

毛周期に合わせると二ヶ月おきに脱毛サロンに通わないといけませんが、日焼けしてしまった場合には無理に予約を入れないようにしましょう。

理由2.脱毛中により痛みを感じてしまう

脱毛で痛みを感じるのは、機械が黒い毛や毛根に反応し光ダメージを放ったときです。このときの痛みは毛や毛根部分から感じますが、日焼けした黒い肌の場合、光ダメージが肌に分散され広範囲の痛みを受けることになります。

また、日焼けした肌は軽いヤケド状態で通常の肌よりもデリケートになっています。そこに、脱毛の光ダメージを加えると痛みを強く感じやすいのです。

理由3.肌トラブルに繋がる可能性

乾燥しきった日焼け肌に光脱毛のダメージを加えると、お肌は更に荒れ、色素沈着し後にシミの原因となってしまう恐れがあります。

肌トラブルで後悔することのないように、脱毛中は常に日焼けなどのリスクに注意しできるだけ肌への負担は軽くしていきましょう。

日焼けしてしまった肌には保湿が大切!化粧水やボディクリームで保湿をすることでダメージを受けた肌が早く回復しますよ♪

去年の日焼けは大丈夫?コンディション次第でNG判定

砂浜で横になる女性

日焼けから時間が経ち肌のコンディションが回復していたとしても、日焼けした黒い肌のままなら脱毛はできません。

いくら月日が経っていようと、光脱毛は黒いものに反応してしまうので、肌が黒い状態では脱毛機が肌にも反応してしまうんです。

では、どの程度の日焼けレベルなら脱毛OKなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

どの程度の日焼けならOK?脱毛サロンにより異なる

人は気付かぬうちに紫外線を浴びているので、太陽光を完全にブロックすることはできません。

では、どの程度の日焼けなら脱毛可能で、どこからが脱毛不可なのでしょうか。

<脱毛がNGな日焼けレベル>

  • 肌が熱を持ち真っ赤になっている
  • 皮が剥けている
  • くっきりとした水着跡がついている

このように、明らかに日焼けしていることが分かる状態だと脱毛がNGです。裏を返すと、日焼けしたのが目で見て分からない(日焼け前と肌の色が変わりない)程度であれば、脱毛してOKだということですね。

しかし、「ちょっと焼けた気がするな……」というレベルであれば、脱毛開始前の場合はサロンに行って相談、既に脱毛中の場合は予約日前に電話で相談してみることをおすすめします。

というのも、脱毛サロンによって脱毛できる肌の黒さレベルというのは、大きく異なってくるのです。

ひとつの基準として、少しの外出で日焼け止めをしっかり塗り日焼け対策をしたのであれば問題ないと思っていいでしょう。

しかし、サロンで脱毛を許可されたからと言って問題が全くないわけではありません。そのため、脱毛を検討されてる方も脱毛中の方も「日焼け」は可能な限り避けるようにしましょう。

脱毛を断られるのは何故?効果が下がるから

日焼けしていると脱毛サロンで施術を断られるのはなぜなのでしょうか?それはお客さんの肌を一番に考えてくれているからです。

無理に施術をお願いしても、脱毛サロンは日焼けした肌へのダメージを考え光の出力を弱くして施術することがほとんどです。

過度に日焼けしてしまうと、出力を弱められてしまい脱毛効果がいつもより下がってしまうという結果に。

光の出力とは?高いほど良いとは限らない

脱毛サロンでは、1㎠あたりに当たる光のパワーをジュールで表します。例えば「18(J/㎠)」では、1㎠あたり18Jのパワーを与えているということになります。

高い出力で光を放った方が脱毛効果は高くなりますが、一概に出力が高ければ良い!という訳ではありません。

出力が大きくなれば、肌への負担も大きくなります。やけどなどの肌トラブルを引き起こす可能性もあるため、むやみに出力を大きくしてはいけないのです。

いくら早く脱毛を完了させたいからといって「出力をあげてください」とお願いするのはおすすめしません。肌の強さには個人差があるので、スタッフと相談しながら脱毛を勧めましょう♪

脱毛効果は出力の他に光の「波長」も関係!

脱毛の際、光の出力が大きくなれば脱毛の効果が高くなりますが、脱毛の効果は出力だけではなく光の波長も関係しています。

波長とは、ある位置から同じ位置の戻るまでの長さを言います。

  • 光の波長が長い→エネルギーが弱い
  • 光の波長が短い→エネルギーが強い

ということになります。

光の波長が短い(エネルギーが強い)からと言って、脱毛効果があるというわけではなく、光の波長と光の出力によって効果が変わってくるということを理解しておきましょう。

脱毛後も日焼けトラブルに注意!日焼け防止期間

脱毛前だけでなく、脱毛後も日焼けには気をつけなければいけません。

一回目の脱毛が終わり「次の脱毛予約まで日焼け解禁!」と決して気を抜いてはいけないのです。

脱毛後の肌は非常にデリケートな状態です。脱毛後のダメージを受けた肌に日焼けのダメージを加えてしまうと、肌はヤケド状態になりヒドイときには赤く腫れあがってしまうこともあります。

また、日焼けした肌のダメージは2~3ヶ月程度続くと言われています。

ほとんどの脱毛サロンが2~3ヶ月置きの脱毛予約を勧めているので、脱毛のダメージが落ち着いた頃に日に焼けてしまうと、次の脱毛予約日までに肌の回復が間に合いません。

脱毛中は日焼けに注意して、脱毛が完全に完了するまでは日焼け対策を続けるようにしましょうね。

日焼けした肌でも脱毛できるサロンは?おすすめ3選!

まぶしそうにする女性

ここまで口酸っぱく日焼けが脱毛にNGだということをお伝えしてきました。

「じゃあ元々地黒の人は脱毛できないの?」「日焼けしてしまったら、元の肌色に戻るまで何年間も脱毛できないの?」と思うかもしれませんが、実は日焼けをしている肌や自黒の肌でも通える脱毛サロンがあるんです!

医療技術が進み、毛の毛包にアプローチするSHR脱毛やハイパースキン脱毛が注目されるようになってきました。これらの脱毛法は、黒い色素に関係なくアプローチするため日焼けしていようがいまいが関係ないんです。

ここからは、日焼け肌でも脱毛できる脱毛サロンを3つご紹介していきます♪

【ラココ】肌質・毛質を選ばないSHR脱毛

LACOCO
ラココは、脱毛マシンのメーカーがプロデュースしている脱毛サロンです。

SHR脱毛という特別な脱毛方式を採用し、「2週間に1度の照射が可能」「痛みがほぼなく温かいだけ」「さまざまな毛質・肌質に対応」という3つの大きな特徴があります。

SHR脱毛は蓄熱式の脱毛とも呼ばれ、毛の色素ではなく毛包に反応。おかげで産毛や白髪への効果も高く、肌色に関係なく脱毛可能なので日焼けしていてもOKです。

また、通えるペースが早く最短6ヶ月で脱毛が完了するだけではなく、痛みがほとんどなく肌にも優しいのは嬉しいポイントです。

【ストラッシュ】SHR脱毛で肌色に関係なくOK

ストラッシュ
ストラッシュは、SHR脱毛脱毛方式を採用しています。

この方法も、従来の黒い毛や毛根に反応するタイプではなく、毛包部に作用する脱毛方法なので日焼けした肌や自黒の肌でも問題ありません。

更に、SHR脱毛のメリットは毛周期に関係なく脱毛できるところ!最短で2週間に1回サロンに通えるので、なんと半年で脱毛を終えることができます。

さらに、SHR脱毛は今まではNGとされてきたうぶ毛、ホクロの脱毛も可能なんです!しかも、低温照射なので痛みがかなり少なくてすみます。

こちらも毛が抜ける実感がないので、スッキリしないという口コミが見受けられますが、毛が生えてこなくなると理解し通い続ければ、うぶ毛もなくなりツルツルとした肌が手に入ります。

肌の黒さで脱毛を諦めかけていた方は、ストラッシュでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

【ディオーネ】ハイパースキン法で日焼け肌OK



ディオーネではハイパースキン法という脱毛方式を採用しています。

ハイパースキン法とは、黒い毛や毛根に作用する脱毛法とは違い、毛の種に作用する脱毛法です。

そのため、黒い肌にも反応することなく日焼けした肌や自黒の肌でも脱毛が可能なんです!

しかし新しい脱毛法は症例も少なく、本当に効果があるのか気になりますよね。

ディオーネの口コミをみてみると「効果がない!」というものがありますが、これには理由があります。

通常の光脱毛は施術から7日~10日ほど経つと、毛がポロポロと抜け落ちていきます。

しかし、ディオーネのハイパースキン法は毛の種に作用しているので、今生えている毛に変化が起こりません。

そのため、脱毛の効果が感じられないという声が多く挙がっているようです。しかし、これから生えてくる毛(毛の種)に対してはしっかり作用しているので、回数を重ねていくことでしっかりとした実感を得ることができます。

肌の黒さで脱毛を諦めかけていた方は、試しにディオーネでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

日焼け対策とおすすめの日焼け止め

脱毛中は日焼けしないように常に注意をするのがベスト。しかし、脱毛した肌はダメージを受けているので、強すぎない日焼け止めを選ぶようにしましょう。

脱毛当日は日焼け止めを塗らないようにしてください。毛穴が詰まり、毛を隠してしまうので光がうまく反応しません。

また、施術当日は肌が乾燥しているので日焼け止めは避け、脱毛した翌日からSPF30程度の肌に優しい日焼け止めをこまめに塗るのがおすすめです。

肌に優しい日焼け止めは?おすすめ3選!

SPF30程度で効果が高いおすすめの日焼け止めをご紹介♪どれもドラッグストアや通販で簡単に手に入るので試してみてくださいね。

おすすめ日焼け止め1:アネッサ エッセンスUV マイルドミルク 60ml

画像引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B0792L5X3X/

ご存知アネッサのマイルドミルクタイプです!

SPFは35ながらも、UVカット率が高く日焼け防止効果がとっても高いのがポイント。1日中つけていても、何もつけていないような快適さ。

価格が2,678円と少しお高めですが、インターネットで買うと2,000円程度で購入できます。

おすすめ日焼け止め2:ビーバイ・イー ママバター UVケアミルク 60ml

画像引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B06W5FKMX4/

知る人ぞ知るビーバイ・イーのママバター。「やさしさにこだわる」というコンセプトのもと作られているので、焼けにくい上に成分面でも安心です。

価格は1,836円。洗い流しやすく敏感肌の人でも使いやすいですよ♪

おすすめ日焼け止め3:近江兄弟社 メンタームサンベアーズマイルドジェル 30g

画像引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B01CFKMNWU/

ドラッグストアでも買えるサンベアーズ。マイルドジェルタイプなのでスーッと伸び塗り心地も抜群です。

SPFは35ながらも焼けにくさはピカイチ。洗顔料でサッと落とせるのも嬉しいですね。価格はお求めやすい864円です!

まとめ:脱毛中の日焼け対策はケアと脱毛方式で乗り切ろう!

日焼けをすると、脱毛効果が薄れたり、更に肌トラブルが引き起こされたりと肌にとっては良くない事ばかり

一度焼けた肌のダメージが回復するには2~3ヶ月かかるので、ベストな脱毛のサイクルも崩してしまうことになります。

もし脱毛期間中に長時間日にあたる予定がある場合には、日焼け止めをしっかりと塗って、日焼け対策を行うようにしましょう!日焼け後の保湿も忘れずに行ってくださいね。

日頃からスポーツを行っている人で多少の日焼けは避けられないというのであれば、毛包にダメージを与えて脱毛するハイパースキン方式やSHR方式を採用している脱毛サロンがおすすめです。

多少お金がかかっても大丈夫であれば1本1本の毛に確実にアプローチしてくれる針脱毛もおすすめですよ。

脱毛をして自信をもって見せられる肌を手に入れましょう♪

 

※ なお、日焼け肌で脱毛をするならラココストラッシュディオーネがオススメ。スマホからカンタン27秒で無料カウンセリング予約ができます。

どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のサロンやクリニックです!

あなたも安心して脱毛ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトから無料で申し込んでみてください。 無料カウンセリングの内容や施術者の印象で判断して、その後も気持ちよく通うためには「最低でも2件の予約」を今のうちに入れておくことをオススメします。

 

【1番人気】ラココ・・・口コミ評価・満足度No.1!脱毛するなら安い・早い・無痛のラココ!

LACOCO

 

【2】ストラッシュ・・・痛みが少なく最短6ヶ月で終わる最新の脱毛方法を導入!

ストラッシュ

 

【3】ディオーネ・・・日焼け肌や敏感肌でも脱毛できる!肌の弱い方にオススメ

 

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報