TOP みんなの脱毛コラム 脱毛LOVE特選 もみあげ脱毛

もみあげ脱毛の全てが分かる!脱毛法の違いやお得に脱毛する方法を解説!

普段自分の横顔を見ることはありませんが、ふと鏡で見てしまって思っていたよりももみあげが多かった!なんて経験はないでしょうか。自分ではなかなか見る機会がないもみあげですが、他人からはよく見えてしまう部分。ですからキレイにしておけるといいですよね。

そこで今回はもみあげ脱毛について、徹底的に解説していきます。もみあげの処理に困っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

もみあげ脱毛のメリット・デメリットとは?

もみあげ脱毛のメリット・デメリット

もみあげ脱毛にどんな方法があるのかを知る前に、まずはもみあげ脱毛をするとどんなメリットとデメリットがあるのかを知っておきましょう。意外ともみあげの処理について考えたことがない人もいるでしょう。そういう人こそメリットを把握しておくべきです。

またデメリットも知っておけば、もしものときに落ちついて対処ができるでしょう。メリットもデメリットも把握して、効果的なもみあげ脱毛を実現しましょう。

メリットはフェイスラインがスッキリすること

もみあげ脱毛最大のメリットは、もみあげをキレイにしておくとフェイスラインがスッキリするということです。もみあげが濃いと、実はフェイスラインに影を落とすことになっています。もみあげがあるかないかで、人の顔の印象はかなり違うんです。

またもみあげを脱毛しておくと、化粧のノリがよくなるというメリットも。もみあげがあるとどこまで化粧をするべきかわからないこともあるでしょう。しかしもみあげがなくなることで、化粧がずっとしやすくもなります。

ですから美容的な意味でももみあげ脱毛はしておいた方が、より美しく見えるんですね。もみあげがあるデメリットに気づいていなかった人にとっては、驚く事実ではないでしょうか。

デメリットは火傷や一時的な肌荒れのリスクがある

もみあげ脱毛で考えられるデメリットは、他の箇所の脱毛とあまり変わりはありません。脱毛に伴う火傷や一時的な肌荒れといったリスクがあるということです。しかしこれはどんな脱毛方法・脱毛箇所でも同じこと。

ちょっとした火傷や肌荒れのリスクは、脱毛サロンや脱毛クリニックではしっかり認知されています。そのため何かあった場合には、しっかり対処をしてもらえるでしょう。そういったリスクは少ないものの、一応そうしたリスクがあることは知っておきましょう。

またもみあげは産毛なので硬毛化しやすいというリスクも。硬毛化とは毛が却って濃くなってしまう現象ですが、こちらについても、そういうことがあると知っておくともしものときに慌てることがなくなります。

脱毛時の火傷は肌の保湿で対策しよう

脱毛をしたときに少し火傷のような状態になってしまうのは、熱が加わる施術ですから防ぎようがないことも。しかしちょっとした火傷は肌の保湿をすることで対策ができます

もしも火傷をしてしまった場合は、肌がそれ以上荒れてしまわないように保湿することが重要。合わせて脱毛箇所を冷やすようにすることも忘れないようにしてください。

脱毛時に起きるリスクは、セルフケアをきちんとすることで防ぐこともできます。施術後のケアについては、脱毛サロンや脱毛クリニックで指導を受けることもできますから、不安ならしっかりとケアの方法についてきくといいでしょう。

しっかりセルフケアをしておけば、もみあげ脱毛にまつわるリスクに悩まされることは少なくなります。

もみあげ脱毛の費用とその効果とは?お得な方法はある?

もみあげ脱毛の費用と効果

もみあげ脱毛は産毛脱毛になるので、選んだ脱毛方法や毛質・毛量などでかなり脱毛完了までの回数に差が出やすいのが事実。そのため費用についても差が出やすく、はっきりとした費用を提示するのが難しいんです。

ですからここでは平均的な費用と、お得に脱毛する方法についてご紹介していきます。こちらも参考にどんな方法でもみあげ脱毛をするのかを考えてみてください。

脱毛方法 平均的な費用
サロン脱毛 2万円〜5万円(12回)
医療脱毛 4万円〜8万円(5回)
家庭用脱毛器 3万円〜10万円(機械購入代)

※脱毛の回数は毛質や毛の生え変わる時期により個人差がありますが、一般的にもみあげの処理が必要となくなる回数で算出しています。

※どの脱毛方法もキャンペーン価格やセール価格ではない正規の価格でのご紹介です。

脱毛前に産毛までか完全に脱毛したいかを決めておこう

産毛脱毛には実は種類があります。それはもみあげをすっきりツルツルにしたいのか、びっしりと生えた産毛だけを脱毛して形を整えたいのかということです。上記で平均的な費用をご紹介していますが、どういった脱毛をしたいのかで、この費用についてもかなり差が出てしまいます。

そのためもみあげ脱毛をする前に、どういったもみあげ脱毛をしたいのかをしっかり決めておくことが大事。もちろん産毛を一掃して形を整えるだけなら、もみあげ全体を脱毛するよりは格安で脱毛ができます。

産毛だけを脱毛する場合と、もみあげ全体を脱毛する場合で、どんな仕上がりになるかもしっかり把握しておくと、どちらにするか決めやすいでしょう。脱毛サロンや脱毛クリニックのカウンセリング時に相談するのもおすすめです。

産毛の境目ができないように注意!

顔に生える産毛はもみあげ部分だけではありません。その他の部分も産毛が濃い人もいるでしょう。顔の産毛がそれほど濃くなくて、もみあげだけが気になるという人の場合はあまり問題にはなりませんが、もみあげだけ産毛を脱毛してしまうと、他の部分との境目が気になることもあります

ですから境目を作らないようにするなら、もみあげ脱毛だけでは十分ではないかもしれません。もみあげ脱毛する場合は、鏡でしっかり自分の顔の産毛を観察してみてください。もみあげ部分と他の部分で境目ができそうなら、脱毛箇所を広げることを考えた方がいいでしょう

このあたりも脱毛サロンや脱毛クリニックでは相談することが可能です。気になるようなら、しっかり相談をして、納得のいく脱毛をするようにしてください。

お得にもみあげ脱毛するならパックプランがオススメ!

前述のとおり、もみあげ部分だけを脱毛すると他の部分との境目が気になることもあります。この問題を解決するためには、顔全体や他の部分も脱毛をするべきです。すると価格が高くなってしまうことが気になる人もいますよね。

しかしもみあげ脱毛をする場合、顔の他の部分とのパックプランもあったりします。こうしたパックプランを使えば、もみあげ脱毛だけの場合よりは高くなったとしても、かなりお得に脱毛ができます。そして境目もできませんから、コストパフォーマンス的にはかなり良いと言えるでしょう。

ですからもみあげ脱毛を考えている人は脱毛サロンや脱毛クリニックのパックプランについてもチェックしてみてください。思いの外格安で顔の脱毛をすることができるんですよ。

脱毛の回数や期間はどれくらい?

もみあげ脱毛の回数・期間

比較的範囲の狭いもみあげ脱毛ですが、実際にもみあげ脱毛をする際には、どのくらいの回数や期間がかかるのでしょうか。ここにもみあげ脱毛にかかる回数や期間を、方法によってそれぞれまとめてみました。

ただしもみあげ脱毛にかかる回数や期間は、毛質や毛量によって異なるため、ここでご紹介する回数・期間とは異なる人もいます。

脱毛方法 平均的な回数・期間
サロン脱毛 全8〜12回・1年半〜2年半程度
医療脱毛 全5〜6回・1年程度
家庭用脱毛器 サロン脱毛と同等かそれ以上。脱毛の腕前にもよる。

もみあげ脱毛するならSHR脱毛がオススメ

さまざまな方法が考えられるもみあげ脱毛ですが、その中でもSHR脱毛という方法で脱毛をするのがおすすめです。SHR脱毛は光脱毛の一種ですが、従来の光脱毛とは違い、メラニン色素に反応して脱毛をする仕組みではなく、毛の生えるメカニズムに対してはたらくものです。

そのため産毛のように色の薄い箇所にも効果的ですし、痛みも感じづらいという特徴があります。また休眠期にある毛根にも効果があるため、従来の光脱毛に比べるとスピーディーに脱毛を完了させることができます。

これなら万が一硬毛化してしまったときも、従来よりは早めに脱毛を完了させることができるでしょう。あらゆる面でSHR脱毛はもみあげ脱毛に向いているのです。

脱毛の方法と特徴とは?選ぶポイントも紹介!

もみあげ脱毛の特徴と選ぶポイント

ここまでもみあげ脱毛について、費用や期間などをご紹介しましたが、どんな方法でもみあげ脱毛をするか決まってきたでしょうか。最後にそれぞれの脱毛方法の特徴と、もみあげ脱毛をするにあたって脱毛サロンや脱毛クリニックを選ぶポイントをご紹介します。

脱毛方法 特徴
サロン脱毛 顔全体プランが格安。SHR脱毛ならスピーディーで効果的な脱毛が可能。
医療脱毛 比較的短期間で脱毛完了。痛みや火傷の問題がある。
家庭用脱毛器 自宅で気軽に脱毛ができる。肌トラブル時の対処ができない。

脱毛サロンは脱毛できない場合がある点に注意!

もみあげ脱毛を脱毛サロンでしたいという場合、断られる脱毛サロンもあることも注意しておきましょう。脱毛サロンでは、安全性を考えて顔脱毛自体を受けていないことがあるのです。これは脱毛サロンは医療機関ではないため、何かあったときにすぐに対処できないからですね。

だからと言って顔脱毛をしている脱毛サロンは危険だということではなく、用心のために顔脱毛はしていなかったり、使っているマシンが違っていたりするのです。

また脱毛サロンでもみあげ脱毛をするなら、前述でご紹介したようにSHR脱毛がおすすめ。ぜひSHR脱毛を導入している脱毛サロンを探してみてください。その際には、もみあげ脱毛が含まれたセットプランやキャンペーンなども一緒にチェックしてみましょう。

医療脱毛は出力が高いので火傷に注意

一方脱毛クリニックでは、ほとんどの場合もみあげ脱毛が可能です。ただし脱毛クリニックの医療脱毛は、出力が高いことに注意。出力が高いとそれだけ効果も出やすいのですが、パワーがあるということなので火傷のリスクが高まってしまうのです。

とはいえ脱毛クリニックは医療機関なので、もしも火傷になってしまった場合には適切な処置をしてもらえます。痛みのために腫れてしまった場合も同様です。

火傷や痛みのリスクが心配な場合は、事前にクリニックで相談をし、痛みを軽減するような処置を受けてから脱毛にのぞむといいでしょう。肌トラブルをなるべくおさえて施術を受ければそれだけ脱毛が早く終わります。脱毛クリニックを選ぶときには、肌トラブルに対する対処をしっかりしていそうなクリニックを選ぶようにしてください。

自己処理は家庭用脱毛器で!カミソリは危険

もみあげの処理を自宅でやりたい人もいますよね。しかしカミソリでの処理は厳禁です。なぜならもみあげの部分は鏡を使っても自分ではよく見えないので、傷をつけてしまう恐れがあるからです。またカミソリで除毛をするともみあげの産毛は濃くなりやすいでしょう。

ですから自己処理をしたいなら、プロ仕様の家庭用脱毛器を使うようにしてください。これならサロンと同等の脱毛ができるので、比較的肌へのダメージが少なくなります。ただし硬毛化のリスクはありますから、その点には注意しましょう。

また肌トラブルが起きてしまったときには、自分で皮膚科を探して対処をしてもらう必要があります。家庭用脱毛器で肌トラブルが起きた場合には、迅速な行動をするようにしましょう。

まとめ:もみあげ脱毛ですっきり美顔をゲット!

もみあげ脱毛ですっきり美顔を!

今回はもみあげ脱毛についてご紹介しましたが、どんな方法でもみあげ脱毛をするかは決まったでしょうか。もみあげ脱毛をすると、化粧がしやすくなり、顔のトーンも明るくなります。すっきりした印象にもなるので、美顔を叶えたい人にはもってこいです。

ただしそんな良いことばかりのもみあげ脱毛にもリスクはありますから、そうしたリスクもきちんと把握して脱毛に通うことが重要。肌トラブルは起こってしまってもすぐに対処してもらえますから、パニックを起こさないようにしてくださいね。サロンやクリニックは、脱毛に関わる肌トラブルについてもプロですから適切に処置をしてもらえます。

あなたが安心して施術を受けられるような脱毛方法でもみあげ脱毛をして、すっきり美しい顔を手に入れましょう。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報