TOP みんなの脱毛コラム 脱毛QA 脱毛で毛穴はなくなる?

脱毛すると毛穴が目立たなくなる!?その理由をわかりやすく解説!

脱毛すると毛穴が目立ちにくくなるってホント?目立ってしまうとあなたのお肌からなんとなく清潔感を損なわせてしまいがちな毛穴。

一度気になってしまうとずっと気になってしまうもので、脱毛することで目立たなくなるとしたら素敵な話ですよね。

これ、実は本当の事なんです。そもそもなぜ毛穴が目立つようになってしまうのか、その理由についてもご紹介します。

さらに、脱毛をしなくても生活習慣などを見直すことで毛穴が気にならなくなることも!一つ一つ、ご紹介していきます。

脱毛すると毛穴が目立たなくなることもある!

毛穴の改善を実感する女性

「脱毛をするとポツポツ毛穴が目立ちにくくなる!」という噂を聞いたことはありませんか?実はこれ、ただの噂ではなく本当のことなんです。

脱毛すると毛穴が目立ってしまいそう、といったイメージを持つ方も多いですが実際はその逆。毛穴を目立ちにくくして、さらなる美肌を期待できるのも脱毛の魅力の1つです。

とはいえどんな脱毛方法でも毛穴が目立ちにくくなるわけではないので要注意!誤った脱毛方法だとかえって毛穴がポツポツしてしまうこともあります。

こちらではどんな脱毛方法なら毛穴がスッキリするのか、なぜ目立たなくなるのかといったことについて解説していきます。

また、そもそも毛穴を目立たせてしまう原因は一体なんなのでしょうか?こちらについてもご紹介するので、毛穴が気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

なぜ脱毛すると毛穴が目立たなくなるの?

脱毛すると毛穴が目立ちにくくなることはあります。とはいえ、その理由をしっかりと押さえている方はあまり多くありません。

まずはこちらのメカニズムについて押さえていきたいところですよね。それでは最初に毛穴をスッキリさせる、その大きな理由をご紹介していきます。

毛穴の奥底にある黒い毛根が除去されるから

人間の毛穴の奥底には体毛の根元、いわゆる「毛根」があります。シェーバーなどでムダ毛を剃るだけだとこの毛根は残るので、毛穴が目立ってしまうことがあるわけですね。

しかし、脱毛をすることでこの毛根は徐々に小さくなっていきます。脱毛クリニックで受けられる医療脱毛なら、この毛根を限りなくゼロに近い状態にできることも。

こうして毛根が小さくなっていくことで見えにくくなり、目立ちにくくなるというのがまず1つの大きな理由です。

効果が期待できるのは脱毛クリニック・エステの脱毛のみ

脱毛で毛穴をキレイにするならサロンかクリニック

とはいえ覚えておきたいのは脱毛ならどんなものでも毛穴をスッキリさせられるわけではないということ。

毛穴を目立たなくさせる効果を期待できるのは基本的に、脱毛クリニックで受けられる医療脱毛と脱毛エステで受けられる光脱毛のみなのです

手軽な脱毛方法として人気な脱毛シートやブラジリアンワックスを使った脱毛では、この効果はあまり期待できません。

というのも、こういった手軽な脱毛方法はムダ毛を毛根から引き抜くだけ。そのため医療脱毛・光脱毛と違って毛根の周りにあるムダ毛を生成する組織までは破壊できないのです。

むしろ強引に引き抜くせいでかえって毛穴が開いてしまい、逆に目立ちやすくなってしまうということも。正しくケアをすればリスクを気にせず使えますが、注意したいところですね。

自己処理が減るのも理由の1つ

医療脱毛や光脱毛で脱毛をする大きなメリットは「自己処理する機会が減る」こと。脱毛したからといって一生自己処理が不要になるわけではありませんが、嬉しいポイントですよね。

そして実はこのメリットも毛穴を目立たなくさせる理由の1つになるんです!

処理方法としてポピュラーなのは、シェーバーやカミソリを使ったシェービングですね。これらは簡単な処理方法ではあるのですが、肌にダメージを与えるというデメリットもあります。

シェーバーやカミソリの刃はムダ毛を剃り上げるのと同時に、肌の組織も削り取ってしまうのです。

そのため身体はダメージを受けた肌を守るために、皮脂を分泌して保護しようとします。その際に毛穴が開き、目立ってしまうことも多いんです。

自己処理が減れば肌が受けるダメージも減るので、皮脂の分泌が減って毛穴が目立ちにくくなるというわけですね。

毛穴を消すことはできないので要注意

「脱毛すると毛穴が消える!」という噂を目にすることもあります。こちらを期待して脱毛をスタートさせたい方もいるのでは。

しかし、こちらについては真っ赤なウソです。身体の構造上、脱毛で毛根やその周りの組織をほぼゼロにすることはできても、毛穴を消すことは不可能なんです。

また、開き切っている毛穴を引き締める効果も脱毛にはありません。脱毛で期待できるのはあくまで”毛根によって黒く目立っている毛穴を目立たなくさせる”効果のみです。

毛穴を引き締めたいのであれば、後ほどご紹介するセルフケアをしっかり行う方が重要です!気になる方はそちらも押さえておいてくださいね。

脱毛中に毛穴が目立ってしまうケースも!その対策は?

それでは脱毛をスタートすればすぐに毛穴が目立たなくなっていくかというと、そういうわけでもありません。その効果を実感できるには何度か施術を受ける必要があります。

それだけでなく、場合によっては施術によって逆に毛穴が目立ちやすくなってしまうケースも。

とはいえこういったケースはこれからご紹介する対策方法で回避することもできます。脱毛期間中に毛穴が気になったら、以下の方法を試してみてくださいね。

施術を受けた後はしっかりとアフターケアをする

脱毛後はアフターケアが重要

まず、脱毛クリニック・エステで施術を受けたらしっかりとアフターケアをしましょう。アフターケアとは主に化粧水・乳液などを使った保湿のことです。

医療脱毛・光脱毛で受けるレーザーや光は、毛根だけでなく肌にもいくらかのダメージを与えてしまいます。そのため、施術後はデリケートな状態になりがち。

こうなると身体は肌を守るために皮脂を分泌しようとします。すると先ほどの自己処理によるもののように、毛穴が目立ちやすくなるわけです。

そうなる前に、化粧水などを使ってあらかじめデリケートになった肌を整えるのが好ましいといえます。

元々敏感肌の方なら、低刺激の化粧水などを使うとなおいいですね。アフターケアを徹底するだけでも、脱毛による毛穴の目立ちをグッと抑えやすくなりますよ!

さらに、こうした保湿をすることで毛穴を引き締める効果も期待できます。

毛穴が赤くなっているときはクールダウンをしよう

毛根には黒い色素がたまっているので、本来毛穴が目立つときは黒く目立つことが多いですよね。しかし、施術を受けた後は毛穴が赤くなることもあります。

赤くなっているときは、毛穴が炎症を起こしている可能性が高いです。施術によって受けたダメージで、毛穴が炎症を起こしてしまうこともあります。

特に医療脱毛は効果が高い分、肌が受けるダメージも大きいので医療脱毛を検討している方・受けている方は要注意なポイントです。

もし毛穴が赤くなってしまったときは、保冷材などを当ててクールダウンさせましょう。

炎症は冷やすことで鎮まりやすくなります。スポーツで筋肉痛になるとアイシングで冷やすことがありますが、あれと同じ道理ですね。

かゆみのある赤いブツブツができたときは医師に相談

施術を受けた後、かゆみを持つ赤いブツブツが肌にできたときは皮膚科の医師に相談しましょう。毛嚢炎を起こしている可能性があります

毛嚢炎とは細菌感染によって起こる炎症のこと。かゆみを持った白いニキビのようなものが肌に現れるのが特徴です。

細菌感染と聞くと、少し恐ろしいものに感じてしまうかもしれません。しかし起きたからといって重大な問題になるわけではないです。

とはいえ見た目がよくないのでなるべく早めに医師に相談して、薬を処方してもらいたいところですね。

ちなみに脱毛クリニックの医師は皮膚科の医師なので、毛嚢炎の診断・薬の処方をしてもらえます。肌に何かかあったらすぐ相談できるのが脱毛クリニックの強みですね!

日焼けには要注意!施術後は日焼け対策を忘れずに

脱毛の施術期間中は日焼けに注意

肌を露出することが多い時期に施術を受けたときは、しっかりと日焼け対策をしましょう。これは、デリケートになった肌を紫外線から守るためです。

施術によってデリケートになった肌は、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。強い紫外線を受けると熱を持ち、乾燥しやすくなるわけです。

また、もし紫外線によって強く日焼けしてしまうと日焼けが治まるまで施術が断られてしまうケースも珍しくありません。これらを防ぐためにも対策しておきたいところ。

日焼け対策は基本的に、日焼け止めを塗るだけでOKです。施術でデリケートになっていることを考えると敏感肌用の日焼け止めを使うのがオススメですね。

また、長袖のシャツなどを着用して布を使って紫外線を回避するのもいいでしょう。

そもそも毛穴を目立たせてしまう原因って一体なに?

そもそも毛穴はどうして目立つことがあるのでしょうか。こちらに関しては毛根の太さなどの個人差もありますが、実は日頃の行動によって自ら目立たせてしまっていることもあるかも。

最後に毛穴を目立たせる原因となりがちな行動や生活習慣と、その改善方法などについてご紹介します。今すぐ改善させていきたい方はこちらもぜひチェックしてみてください!

油分の多いベースメイクを頻繁にしている

女性にとって原因になりがちなのがコンシーラーやファンデーションといったベースメイク。メイクには欠かせない存在ですが、厚手のベースメイクを好んでいると毛穴が目立ちやすくなることも。

というのも、こういったベースメイクアイテムには多量の油分が含まれています。こうした油分は肌からすると外敵の1つ。肌を守るために身体は皮脂を分泌しやすくなることがあるのです。

また、目立った毛穴を隠すためにさらに厚塗りにするといった悪循環にも陥りがち。ベースメイクはなるべく薄塗りにするのを心がけたいところですね。

クリームタイプのファンデーションなどは油分が多いので、パウダータイプなどの油分が少なめのものを使うのもおすすめします。

脂質や糖分の多い食生活を送っている

仕事や学業が忙しいと食生活が乱れがちな現代人。手軽に食べられるファストフードなどは魅力的ですが、脂質や糖分の多い食生活が続くと皮脂の分泌が多くなることもあります。

脂っこい食生活が続くとニキビができやすくなることもありますが、それも皮脂分泌量が多くなるためです。

摂取する栄養素をコントロールしやすい自炊をなるべく心がけたり、生野菜なども積極的に食べたりしましょう。

特におすすめしたいのはビタミンCを積極的に摂取することですね。ビタミンCには皮脂の分泌を抑える作用があり、美容品などにも活用されることが多いビタミンです。

ビタミンCはイチゴやみかんなどの果物や緑黄色野菜に含まれているので、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

生活リズムの乱れや短い睡眠時間

生活リズムを乱れさせたり、睡眠時間を削ったりするのも毛穴を目立たせる原因になりがちです。

睡眠中は肌の古い組織が剥がれ、新しく健康的な組織が生まれる「ターンオーバー」が起こりやすいタイミング。特に22~2時の間がターンオーバーのゴールデンタイムと呼ばれています。

そのため生活リズムや睡眠時間が満足ではないのは、ターンオーバーが起こりにくい環境ということ。ターンオーバーが足りないと毛穴が引き締まりにくく、目立ちやすくなるのです。

睡眠時間はなるべく最低6時間は確保するようにしたいところですね。できれば8時間確保できるのが理想的です!

また、ターンオーバーのゴールデンタイムに合わせて睡眠をとるのをおすすめします。

乾燥による皮脂の過剰分泌も原因になりがち

乾燥すると皮脂が過剰分泌されやすくなって毛穴が目立ちやすくなる、というのはここまで何度かご紹介しました。こちらは脱毛している・していないに関係なく注意したいポイントですね。

例えば湿度が低い冬や、冷房を効かせすぎて湿度が低くなっている夏の室内などには注意しましょう。加湿器を活用したり、保湿ケアを徹底したいところです。

デスクワークなどの仕事中の湿度が気になる……という場合は卓上スチーマーを使ってみるのもおすすめします。肌の乾燥をなるべく避けて、皮脂の分泌を減らしてみましょう。

肌に負担をかけてしまう誤ったケア

化粧水のつけすぎはNG

毛穴の目立ちを避けるためには保湿などのケアは欠かせません。とはいえケア方法が誤っているとそれも毛穴を目立たせてしまうきっかけになることもあります。

特に多くの方がやりがちなのが「化粧水は惜しまずたっぷりつけよう!」というケアです。化粧水を惜しまず使うというのは間違いではないのですが、オーバーにつけるのはよくありません。

とたくさんの化粧水を肌に吸収させようとすると手で肌に触れる機会が多くなりますよね。コットンを使う場合も肌に触れている時間が長くなります。

そうなると肌が受ける摩擦が大きくなってしまうのが問題なのです。摩擦を受けすぎると肌はダメージを受けたと思い、皮脂の分泌を促進させてしまうこともあります。

保湿は過不足のない、バランスのいい状態を目指すようにしたいところですね。

まとめ:まずは最後に紹介した対策方法を試してみよう!

ケアなどを徹底しても目立ってしまう毛穴は、思い切って脱毛で改善を目指してみるのもおすすめです。ムダ毛も気になりにくくなり、まさに一石二鳥といえるかもしれません。

とはいえ注意したいのは、先ほどもご紹介したように脱毛するとかえって毛穴が目立つ可能性もあるということ。今回ご紹介した対策方法はなるべく実践して、リスクを回避してもらいたいところです。

また、脱毛でなくても最後にご紹介した数々の改善方法を試すだけでも気にならなくなることもあります。いきなり脱毛をスタートさせるよりも、まずはこれらを試してみるのがおすすめですね。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報