TOP みんなの脱毛コラム 脱毛QA アトピーでも脱毛可能?

アトピー、敏感肌でも脱毛できるサロンやクリニックがあるってホント?

TOP

「ムダ毛が気になるけど、アトピーだし敏感肌だし、脱毛の施術は無理かな……」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

結論からいうと、アトピーや敏感肌でも脱毛ができるサロンやクリニックはあります。

むしろ、アトピーや敏感肌の人ほど、自己処理はやめて、プロに任せて脱毛をしましょう

アトピーや敏感肌の人が脱毛するときの注意点、アトピーや敏感肌におすすめの脱毛サロンやクリニックを紹介します。

アトピーや敏感肌だから脱毛ができないと思い込まず、まずは参考にしてみてくださいね!

アトピー、敏感肌の人は脱毛施術を受けたほうが良い?

アトピーや敏感肌が脱毛した方がいい理由とは

アトピーや敏感肌の人は、肌に刺激を受ける脱毛は受けないほうが良い、受けたら症状が悪化すると思いがち。

しかし、アトピーや敏感肌の人こそ、脱毛をしたほうが良いんです。

もちろん、アトピーや敏感肌の人は肌が丈夫な人よりもデリケートなので、施術を受けるにあたり気をつけることはあります。

炎症を起こしていれば、施術を断られることも、ステロイドの服用をやめたり、湿布もやめたりしなくてはなりません。

それでも、アトピーや敏感肌の人が脱毛をしたほうが良い理由を説明しますね。

自己流のムダ毛処理を続けるほうが危険

ムダ毛が気になるけれど、脱毛の施術を受けない場合はずっと自己流のムダ毛処理を続けることになります。

ムダ毛の自己処理で多いのは、カミソリ、毛抜きを使用する方法ですよね。

カミソリによる自己処理は手軽で費用もかからずに済みますが、毛を剃るときに肌表面も一緒に削ってしまっています

ただでさえ、肌のバリア機能が低くなっているのに、余計にダメージを与えることに。

毛抜きによる処理は毛根から引き抜けるので、きれいに処理できるように思えるでしょう。

しかし、毛穴から毛を引っこ抜くという行為は、肌に大きな負担を与えているんです。

また、市販の脱毛クリームの仕組みは、クリームを湿布することで毛のたんぱく質を溶かして毛を除くこと。

クリームの使用により、毛だけではなく、肌表面も溶かしてしまいます。

アトピーや敏感肌の人ほど、肌に負担をかける自己処理をやめて、プロによる脱毛施術を受けるべきなんです。

炎症などの症状を悪化させてしまう

カミソリや毛抜き、脱毛クリームなどによる自己処理で、炎症などの症状は悪化します。

これらの処理は、一時的なものなのでまたすぐに毛が生えてきます。毛が濃い人の場合は、気になって、毎日のように処理を繰り返すことになるでしょう。

毛を剃ると毛の断面が太くなるため、毛量は変わらなくても毛が濃く増えたように見えます

処理をすればするほど、毛が濃く増えていくように見えるという、自己処理の無限ループに入ることに……。

自己処理の回数が増えれば、肌に対する負担も重たくなり、ダメージも大きくなります。肌が弱いからと自分で処理を繰り返すことで、肌の状態はより悪くなっていってしまいますよ。

ダメージを受け色素沈着が起きてしまう

アトピーや敏感肌の上に、肌の色素沈着に悩んでいる人もいますよね。色素沈着の大きな原因は、間違った自己処理による肌へのダメージです。

カミソリや毛抜き、あるいは脱毛クリームなどによる自己処理は、肌に負担をかけるという説明をしました。

ダメージを受けると、肌を守るためにメラニン色素が発生します。

メラニン色素は肌を守る役目をするので、普通量が発生している分には問題はありません。むしろ肌にとって必要な大切なものです。

しかし、ダメージを受けた肌を守るために、メラニン色素が過剰発生してしまうのは問題です。

過剰に発生したメラニン色素は、消えることなく居座り続けます。それらが色素沈着して、シミやくすみとして肌に残ることに!

アトピー、敏感肌が脱毛すると危ない理由は?

アトピーや敏感肌の脱毛は危険?

アトピー体質で肌にかゆみがある、敏感肌で日に当たるだけで赤くなってしまうという人もいるでしょう。

普通に生活をしているだけで、肌トラブルが起きてしまうのだから、肌に刺激を与える脱毛の施術を受けるのなんて無理……と考えてしまいますよね。

確かに脱毛機の光やレーザーは、ムダ毛だけではなく、肌にも刺激を与えます。では、アトピー、敏感肌だと脱毛するのは危ないと考えられる理由を上げてみましょう。

肌のバリア機能が低いためにダメージを受けてしまう

肌は表面から、表皮・真皮・皮下組織の順番で構成されています。

健やかな肌の基本は、表皮にある「皮脂膜」「NMF(天然保湿因子)」「細胞間脂質」からなるバリア機能がしっかりしていること

アトピーや敏感肌の人は、なんらかの原因で肌のバリア機能が低くなっています。

例えば、アトピーで炎症が起きている場合、病院に行くと処方されることが多いステロイド剤。

保湿しながらかゆみと炎症を抑える効能がありますが、肌表面の各層を薄くしてしまうことも。

肌が敏感で刺激を受けると、腫れたりかゆくなったりしてしまうという人も、肌のバリア機能が低くなっていると考えられます。

バリア機能が低い肌に、脱毛機の光やレーザーを照射することで、肌トラブルを起こしてしまう危険性があるんです。

脱毛機の光やレーザーの刺激が強い

脱毛機から照射される光やレーザーは、ほとんどが毛の黒いメラニン色素に反応します。脱毛施術は、熱によって発毛を促す毛根にダメージを与えて、毛を薄くしたり生えなくしたりするシステム。

ところが、発毛を促す組織をターゲットにした光やレーザーは、熱が伝わる際に、少なからず肌にも影響を与えてしまいます。

アトピーや敏感肌の場合、潤い不足になっていることも多く、熱が伝わるときに他の人よりも痛みを多く感じることもあります。

また、色素沈着を起こしている場合、黒い色に反応する脱毛機のレーザーや光が、肌に反応してしまうことも。

毛根にダメージを与えるための熱が肌に広がってしまうと、痛みを強く感じるだけではなく、火傷のリスクも出てきます。

アトピーの人が脱毛できない場合の理由は?

アトピーは脱毛できない?

アトピーに悩む人でも、脱毛サロンやクリニックに通い、脱毛施術を受けることはできます。

目につく部分にムダ毛が生えていて気になるけれど、アトピーだから脱毛の施術は無理だと思っていた人もいるのではないでしょうか?

後ほど詳しく説明しますが、アトピーの人ほど、プロの脱毛の施術を受けたほうが良いです。しかし、アトピーの人が脱毛できない場合もあります。

赤く腫れているなど炎症がある場合

脱毛の施術を断られてしまうのは、アトピーの炎症が出ていて、赤く腫れている場合です。

また、患部がじくじくしていたり、かゆさのあまり掻きむしってしまい傷になってしまっていたりするとき。

腫れて色が変わっていると、脱毛機の光やレーザーが患部に反応して肌にダメージを与えてしまうことがあります

傷を負っている部分ということについては、アトピーではなくても脱毛の施術は受けられません。

炎症を起こしている箇所、じくじくしていたり傷になっていたりする箇所が脱毛範囲の一部であれば、その部分を避けて照射が行われます。

しかし、脱毛範囲のすべてが炎症を起こしてしまっている場合には、施術ができません。

まず、炎症の治療を済ませて、肌の状態が落ち着いてから施術を行うことになります。

治療のためステロイド剤を服薬している場合

アトピーで医師による診療を受けている人は、ステロイド剤を処方されていることがありますよね。

ステロイド剤の種類は、飲み薬と、患部に湿布する塗り薬です。ステロイド剤を飲んでいると、免疫力が低下していて感染症などにかかりやすいということがあります。

また、ステロイド剤を服用している人の肌は、光を吸収しやすくなっているんです。そのため脱毛機による照射を行うと、火傷をしてしまうリスクが高くなることに。

ステロイド剤を飲んでいる人は、飲む治療を終えて一定期間を置いてから施術を行うことになります

ステロイド剤を塗っている人は、塗っている部分を避けて、照射をしてもらうことができますよ。

アトピー、敏感肌の人が脱毛をするためには?

アトピーや敏感肌の人が脱毛する際の注意点

アトピーや敏感肌の人でも、脱毛は可能なのですが、やはり普通肌の人よりも肌がデリケートなことは事実。

そのため、アトピーや敏感肌の人が、安全に脱毛をするためには気をつけておくべきことがあります。

「結局、施術を断られるのでは?」、「施術によって、肌トラブルが起きた!」ということにならないように、脱毛に向けてしっかりと下準備をしましょうね。

日頃から肌の保湿を心がけ症状をおさめる

アトピーや敏感肌の人は、肌が乾燥しています。

特に敏感肌の人は、元々が乾燥肌だという人が多く、乾燥肌を放っておいたから敏感肌になってしまったということもあるんです。

肌のバリア機能は、潤い不足で弱っていくもの。常に、肌をたっぷりと保湿することを心がけましょう。

肌が乾燥すると、肌荒れが起こり、ひび割れるなどの症状が出ます。そこから菌が入ってしまい、余計肌が傷んでいくことに。

肌を潤わせる方法は、クリームなどを塗ることだけではありません。

日頃からの食生活、睡眠不足、ストレスなども、肌のターンオーバーを狂わせ、肌荒れを起こす原因になります。

アトピーは体質的なものだけではなく、潤い不足や食生活、精神的な原因でかゆみを発症することもあるため、日頃からの習慣が、肌の健康を保つ秘訣ですよ。

ステロイドなどの薬の使用を一旦やめる

アトピーで治療を受けている人は、ステロイド剤などの薬を処方されていることがあります。

先ほども説明しましたが、ステロイドを飲んでいる人の肌は、脱毛機の照射の光を吸収してしまうことになり危険なんです。

そのため、ステロイドを飲んでいる人は、施術前の1週間くらいは服用をやめましょう

服用をやめても症状が悪化しないように、食生活や精神状態のバランスをとるように心がけることが大切ですよ。

ステロイドの塗り薬の場合は、塗っている部分を避けて脱毛の照射が可能です。

でも、湿布部分は、脱毛できないことになるので、施術がある日には塗らないで行くようにしましょう。

少しでもステロイドが肌に残っていると危険なので、行く前に拭き取るという形ではなく、前の日から塗らないという対策をとると安全ですよ。

かかりつけの病院や医師に相談する

アトピーや敏感肌で病院に通っている人は、症状を良くわかってくれている、かかりつけの医師がいますよね。

「脱毛の施術を受けに行きたいのですが、大丈夫でしょうか?」と相談してみましょう。

アトピーや敏感肌といっても、肌の状態は一人ひとり違います。軽い症状の人もいれば、重たい症状の人もいて、ステロイドをやめることが難しい人もいます。

ステロイドをやめられない場合、脱毛の施術は無理な可能性が高いので、施術のときにはステロイドを一旦、やめたいことも伝えましょう。

お医者さんによっては、ムダ毛が気になる気持ちがわかってもらえないこともあり、「脱毛する必要ないよ」と言われてしまうことも。

話をわかってくれるお医者さんにかかるようにして、医師の許可をとってから施術を受けるようにしましょうね。

脱毛サロンやクリニックのカウンセリングを受ける

アトピー、敏感肌だといっても、人によって状態は違います。施術を受けられるかどうかは、実際に症状をみてもらわないと、判断できません。

脱毛サロンやクリニックに通うには、まず無料カウンセリングを受けに行くことになります。

カウンセリングの際に、肌の状態を相談してみましょう。脱毛施術が可能かどうか、こたえてくれるはずですよ。

アトピーや敏感肌の人は、クリニックでの脱毛だと安心。クリニックには医師が常駐しているので、症状を診断してもらえます。

例えば炎症がひどいということであっても、治療してもらえたり、薬を処方してもらえたりします。

治療により症状を落ち着かせてから、あらためて脱毛の施術という流れも可能ですよ。

アトピー、敏感肌のサロン・クリニック選びは?

アトピーや敏感肌の人が、通う脱毛サロンやクリニックを選ぶときの注意点をあげます。

まず、脱毛コースの有効期限の長さ。有効期限が切れると、回数で契約をしても消化できなくなってしまいます。

アトピーや敏感肌の人は、予約を取っていても肌の状態が良くなくて施術を受けられない場合があります。

肌の状態が落ち着くまで待っていたら、有効期限が切れていたということにならないように有効期限が長めのクリニックやサロンを選びましょう。

また、アトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛機や脱毛方法もあります。サロンやクリニックによって特徴がありますので、要チェック!

具体的に、どんな脱毛機や脱毛法がおすすめなのか、紹介しますね。

アトピー、敏感肌に向いている脱毛機

脱毛クリニックの脱毛機は1種類だけではありません。脱毛機によって、レーザーの種類も違います。

クリニック選びには、脱毛機の種類も確認するようにしましょう。

アトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛機は以下の通り。

  • メディオスターNeXT
  • ライトシェアデュエット

メディオスターNeXTは、毛根ではなく発毛を促すバルジ領域をターゲットにする脱毛機。

メラニン色素の黒色が薄い産毛の脱毛も可能、色黒肌でも照射できます。

医療脱毛は脱毛サロンでの光脱毛より痛みが強めですが、メディオスターNeXTは痛みがほとんどないのが特徴。

肌が弱い人、痛みに弱い人におすすめの脱毛機です。

ライトシェアデュエットは、肌を吸引し冷却しながら照射する脱毛機です。

痛みが弱く、脱毛効果が高いのが特徴。肌への負担が軽めなので、アトピーや敏感肌の人にはおすすめです。

アトピー、敏感肌に向いている脱毛法

各サロンで独自の脱毛法を展開していますが、アトピーや敏感肌の人におすすめの脱毛法を紹介します。

  • ハイパースキン脱毛
  • SSC脱毛
  • SHR脱毛

ハイパースキン脱毛は、3歳の子供でも施術可能というほど、肌への負担が軽い脱毛法です。

脱毛機は発毛組織に熱でダメージを与えるのですが、ハイパースキン脱毛は、毛が生える前の部分にダメージを与える方法なので、人肌くらいの熱さなんです。

そのため、ほぼ無痛で施術が受けられます

SSC脱毛は、抑毛効果があるジェルと、脱毛機の光の相乗効果により抑毛していくという脱毛法。

ジェルによって肌が守られるため、ダメージが少なく、さらに美肌効果にも期待できます。

SHR脱毛は、発毛を促すバルジ領域にダメージを与える脱毛法。肌への負担が軽く、ほぼ無痛で施術を受けられます

アトピー、敏感肌におすすめクリニック

アトピーや敏感肌の人は、医師が常駐しているクリニックに通うと、トラブルがあっても即対応してくれるので安心。

アトピーや敏感肌の人に、特におすすめのクリニックをあげますね。

アリシアクリニックは、ライトシェアデュエットを導入しているクリニックです。

月額制プランで脱毛サロン並の料金負担で、効果が高い医療脱毛を受けることができます。

リゼクリニックは、女性の脱毛専門クリニック。医師もスタッフも全員女性なので、デリケートな相談にも乗ってもらえますよ。

リゼクリニックは公式サイトでも、「アトピー肌でも、炎症が強く出ている部分、色素沈着部分を除けば脱毛可能」と記載しています。

脱毛が受けられる肌の状態なのか、カウンセリングに行って相談してみるのも良いでしょう。

アトピー、敏感肌におすすめサロン

各脱毛サロンは、肌にやさしい脱毛法を提供してくれています。アトピーや敏感肌の人におすすめのサロンを紹介。

ミュゼプラチナムは、全国展開している人気脱毛サロン。上で紹介したSCC脱毛を行っています。

アトピーや敏感肌の人でも、ジェルを湿布することで肌への負担を減らすので施術可能と公式サイトにも記載されています。

ただし施術の際には、薬は塗らないことなどの注意は必要。

ディオーネは、上で紹介したハイパースキン脱毛を行っているサロン。痛くない、敏感肌専門の脱毛サロンと謳っています。

アトピーやニキビの肌でも施術可能で、美肌効果も期待できます。

ストラッシュはSHR脱毛を行っているサロン。痛みが少ない脱毛で、最短6か月で脱毛が終了します。

まとめ:アトピーの脱毛はサロン・クリニック選びが大切!

アトピーの脱毛はサロン・クリニック選びが大切

アトピーや敏感肌の人でも、脱毛サロンやクリニックで施術を受けられます。

むしろ自己処理を続けることで、肌への負担を重たくして症状を悪化させることにつながるので、脱毛施術を受けるほうがおすすめ。

ただし、脱毛の施術も肌に負担をかけることになるので、脱毛するにあたり注意は必要です。

かかりつけの医師、またはサロンやクリニックのカウンセリングで相談をすること、なるべく日頃から肌の調子を整えるように生活すること。

使っている脱毛機や脱毛法も、サロンやクリニックによって違いがあります。アトピーや敏感肌の人は痛みが少なく、肌に負担が軽い脱毛を行っているところを選ぶと良いですよ。

安全で安心なプロの施術を受け、肌に負担をかける自己処理不要のツルスベ肌になりましょう!

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報