TOP みんなの脱毛コラム メンズ脱毛 脱毛のメリット・デメリット すね毛脱毛(メンズ)

すね毛脱毛のメリット・デメリット | 男はツルツル不要!減らすだけでOK

「男のすね毛って女性にはどう見えているんだろう?」

夏が近づくと半ズボンや丈の短いズボンを履く機会が増えます。

そこで問題になるのが男のすね毛問題。これに関して「結局どうするのが正解なの?」と疑問に思う男性が多いのではないでしょうか?

徹底的に処理するのが良いのか?それとも手を加えずにそのままにしておくのが良いのか?

ヒゲや鼻毛のように「とりあえず剃っておけば良い部位」と違い、すね毛は普段あまり露出しない分どうしたら良いのか対応に困りますよね。

でも、処理を誤って「あの人のすね毛、気持ち悪い」なんて思われてしまうのは心外……。それが恋愛において不利に働きでもしたら大変です。

「男性のすね毛はどうするのが良いのか?」と共に、すね毛脱毛の種類やメリット・デメリットについてご紹介します。

この記事を読んだら、あなたも自分のすね毛との正しい付き合い方が分かるはず!

すね毛脱毛の効果は?意外な効果5つ紹介

男性は女性に比べ、ムダ毛が太く目立つやすいです。一般的に男性ホルモンの量が多いとムダ毛や産毛が濃くなっていきます。足のすねも他の部位と同様、人によってはモジャモジャになってしまいます。時代時代により見た目の好みも変わってきますが、あまりにもモジャモジャのすね毛は、女性から見ると、不潔感もあったりして、モテルチャンスを逃してしまうかもしれません。

では、すね毛の脱毛をしたら、何か良い事があるのでしょうか?脱毛することで手にすることができる良い事を紹介していきましょう。

1.肌が健やかですっきりとして気持ちが良い

すね毛に限らずムダ毛が多いと見た目も暑苦しいですが、実際に夏場などには汗もかくこともあり、暑かったり蒸れたりして良い事は何もありません。

また、長ズボンを履いていると毛がズボンに張り付いたりして不快感が強くなります。

汗をかいたりして蒸れている状態が続くと、雑菌も繁殖しやすくなりお肌にとってもあまり良くありません。

すね毛が多い人はツルツルにしなくても、量を減らすだけでも通気性が良くなり、夏場の蒸れから解放されますし、そのことで肌を健やかにたもつことが可能になります。

肌荒れをして、皮膚のトラブルがあると、見た目も良くないですから、健やかな肌を手に入れ気持ちもすっきりとするためには、すね毛の処理をしておくことをオススメします。

2.ファッションを楽しめるようになる

男性の場合、仕事に行くときは夏場でも長ズボンを履いていることが多いですが、休日などのプライベートな時間ではハーフパンツを履く人も多いでしょう。

ですが、すね毛が濃いと見た目もすっきりしないどころか、女性から見たら「見苦しい」と思われてしまいかねません。

海やプールに行ってもすね毛が濃いと水着になるのも恥ずかしいと感じてしまうのではないでしょうか?

ファッションを楽しむためにもすね毛の処理をきちんとしておくことがオススメです。

お洒落な男子は女子にモテますからね。

3.人から毛のことでからかわれなくなる

人には、それぞれ個性があり、身体的な特徴も人それぞれ色々とあります。

「毛が濃い」というのは、非常にわかりやすい「特徴」になってしまい、男性同士でも「毛が濃いね」と思ってしまいます。

そんなわかりやすい特徴となってしまうムダ毛が原因でからかわれたり、嫌われたりすることもあります。

すね毛なども、あまりにも濃すぎると見た目がすっきりしないだけでなく、清潔感もなくなってしまうからです。

すね毛を脱毛することで、すっきりと清潔感のある印象を人に与えることができるのでからかわれることも無くなります。むしろ好感度も上がりますよ!

4.すっきりした足は女性に人気が高い

女性は脇や腕、足の脱毛をしている人は多くいます。対して、男性の場合はほったらかしの人のほうがまだまだ圧倒的に多いです。

もともとムダ毛の薄い人はそれでも一向にかまわないかもしれませんが、男性の場合は男性ホルモンの関係でムダ毛が太く濃くなりがちです。

すね毛も適度に生えているのは「男性的」で良いとする意見も多くあります。しかし、濃すぎるすね毛は、嫌悪感を与えてしまうようです。

すね毛を適度に脱毛することで女性から好感を持たれるような足を手に入れましょう。

5.自己処理でおこる肌のトラブルから解放される

すね毛をクリニックや脱毛サロンに行かずに処理しようと思えば、自分で処理するしか方法はありません。

では、自己処理にはどんな方法があるのでしょうか?

電気シェーバーやカミソリで剃ったり、毛抜きで引き抜いたりといった処理になります。

すね毛を剃ってしまうと、皮膚の下にある毛が黒くみえてしまったり、カミソリを使うと皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。

毛抜きを使うと毛穴が広がってしまいその毛穴に雑菌や皮脂や汚れが詰まってしまい肌のトラブルの原因となってしまいます。

脱毛の施術を受けることで、肌のトラブルの原因となってしまう自己処理の回数が格段に減ります。

それは、時間的にも余裕ができるし何よりもストレスからも解放されるので、良い事ずくめです。

すね毛脱毛のデメリットは?3つ紹介

ここまですね毛脱毛のメリットを紹介してきました。一見、良い事ばかりのように思えるすね毛脱毛ですが、当たり前ですが良い事ばかりではありません。デメリットもあります。

肌トラブルの原因となってしまう可能性があったり、クリニックや脱毛サロンで施術を受けるわけですから、費用がかかってきます。

また一度の施術で、すね毛が生えてこなくなるわけではありませんので、何回も通わないといけないので時間的な部分もデメリットとなります。

では、すね毛脱毛をすることで、どのようなデメリットがあるのでしょうか?紹介していきます。

1.脱毛施術後に肌トラブルが発生する可能性がある

クリニックでのレーザー脱毛の場合は医師免許を持った医師がレーザーを皮膚に当てて、毛を生み出す細胞を破壊することで毛が生えてこなくします。

脱毛サロンでは光を照射することで毛が生えてきにくくします。どちらも、自然に生えているものを無理に生えてこなくするわけですから、当然、肌に負担をかけています。

良く起こる肌のトラブルとしては、火傷したような症状が見られたり、乾燥したりするトラブルのようです。

しかし、このようなトラブルはきちんとしたスキンケアをしなかった人に多いようです。

脱毛の施術を受けた時は肌を冷やしたり化粧水を塗って肌の補水をするなどのセルフケアが必要です。逆にそのケアをきちんとしていると、前述のような肌トラブルは回避することが可能です。

2.脱毛完了までに費用や期間がかかってしまう

すね毛に関わらず、脱毛の施術は一度きりで終わることがありません。脱毛を完了させるには、何回も通って施術を受けなければなりません。

これには、きちんとした理由があって、それは「毛周期」と呼ばれるものがあるからなんです。

毛周期とは、毛が生え変わる周期のことです。今、皮膚から毛が生えている状態の毛が全ての毛ではないのです。皮膚の下でまだ生えていない毛が何本も存在しているのです。

つまり、一度施術を受けただけでは皮膚の下にまだまだ毛が眠っている状態で、その生えていない毛がしばらくたつと次々生えてきてしまうのです。

どこまですね毛を薄くするかにもよりますが、最低でも数回は通って施術を受けないといけません。そして、プロの施術にはそれなりに費用も掛かってくるので、いくら数回の施術とはいえ、費用が掛かってしまいます。

ですが、この先かかり続ける自己処理の費用や手間を考えると決してコストパフォーマンスが悪いわけではないので、サロンごとの値段や完了までにかかる期間を比較してみてはいかがでしょうか?

3.脱毛の施術には痛みが伴うので痛みに弱い人は苦労する

脱毛の施術には痛みが伴います。一般的にはゴムで皮膚をはじかれた程度の痛みといわれていますが、痛みの感じ方は人それぞれです。

しかも、男性の場合は全般的に女性に比べて痛みに弱いと言われています。痛みに弱い人にとっては、脱毛の施術時に発生する痛みがネックとなってくるでしょう。

しかし、最近では技術の進歩もありほとんど痛みのない脱毛器も開発されています。

ほんのり温かい感覚を感じるだけで脱毛ができる機器もありますので、サロンやクリニックでどのような脱毛器を使っているのかをきちんと調べて選ぶようにすれば痛みに弱くても施術を受けられるでしょう。

クリニックでは、痛みに弱い人用に麻酔を使って痛みを緩和してくれるところもあるので、あわせて調べてみることをおすすめします。

男性のすね毛を女性はどう思ってる?

男性はホルモンの関係上、ムダ毛が濃い人が多くおられます。最近では、体毛の薄い人も増えてきています。人の好みはそれぞれ違いがありますが、やっぱり異性からどのように思われているのか?というのは気になります。

今回はリアルな声を知るために、女性100人にアンケート調査を行いました。
その結果から「女性から見た男性のすね毛問題」を徹底的に紐解いていきます。意外に思える意見も多数あるので見ていきましょう。

適度な濃さのすね毛は男らしいからアリ

足の男性画像

さつき 22歳
さつき 22歳
生えててもいいと思います
どれくらいの濃さかにもよるけど、普通に男らしいと思うので生えていても良いです

machi 22歳
machi 22歳
生えてるほうが良い
ツルツルしていようのとボーボーに生えているのだったら、生えている方がいい

ユイ 21歳
ユイ 21歳
男らしさって?
毛深い方が男らしくてかっこいいと思います

すね毛の有り無しに関しては、生えていてもOKという寛容な意見が多く見られました。

「男性的な魅力を感じる」という人もいれば、「そもそもそんなことを気にしている女々しい男は嫌い!」という力強い意見もありました。

しかし、いくらすね毛はOKと言っても、人によって許容範囲はあるようです。剛毛で肌が見えないジャングルのようなすね毛や、伸びきって一切の処理がされていない状態のすね毛は一般的には女性受けが良くないようです。

何事においても丁度よさが大切であるように、男性のすね毛に関しても「適度に生えている状態」が最も女性受けが良いと言えるでしょう。

すね毛ボーボーは嫌!ある程度は処理してほしい

嫌そうな女性画像

愛 24歳
愛 24歳
不快
手付かずの剛毛地帯は見ていて不快

藍那 25歳
藍那 25歳
ボーボーは嫌
夏によく見かける、すね毛ボーボーで半ズボン履いてる男は気持ち悪い

キャスト 22歳
キャスト 22歳
毛深い人は処理して!!
元から薄い人はそのままで良いけど、毛深い人にはある程度処理して欲しい

ふみ 30歳
ふみ 30歳
姿勢が大事
身だしなみの一環として、ムダ毛を気にする姿勢があると嬉しいです

すね毛の処理について、最も多かった意見がこの「ある程度は処理をして欲しい」というものでした。やはり、すね毛がボーボーの状態は女性からの印象が悪いようです。

もちろん毛の濃さに関しては産まれながら個人差があります。

元から毛が薄い人は手入れをする必要がありませんが、剛毛の人はある程度すね毛の処理をした方が良さそうです。

毛が薄ければOK、剛毛ならば適度な状態へと手入れをしましょう。

ツルツルな足は逆にアウト!?ツルツル過ぎるのもダメ

ツルツルな足男性

ネイリスト 28歳
ネイリスト 28歳
ツルツルは無理…
すね毛が薄い人は良いけど、完璧にツルツルに処理している人はちょっと美意識が高すぎて逆に無理です

eye 28歳
eye 28歳
自分より綺麗なのはちょっと
自分よりも細くて綺麗な足の男性を見てショックを受けたことがあります(笑)

こむぎ 27歳
こむぎ 27歳
何事も適度に
処理は適度にして欲しいけど、ツルツルはなんとなく嫌です

「処理して欲しい」という意見の一方で、「ツルツルにするのはダメ」という意見が多く挙がっています。

「すね毛は濃い方が良い」

「すね毛は薄い方が良い」

「すね毛を処理するような男は嫌だ」

「すね毛を生えっぱなしにしている男は嫌だ」

もはや、男からするとどっちだよ!って感じですよね。処理はしろというくせに、ツルツルだとそれそれでダメなのだそう……。

女性は全身脱毛で一気に全ての毛を無くしてしまうイメージが強いですが、男性にとってはまだまだ全身脱毛はそこまで馴染みがありません。

すね毛に関しては全てを剃るのではなく、ある程度薄くする程度に留めておいた方が良いようです。

アンケート結果:濃すぎてもツルツル過ぎても好感度低め

男性スマイル画像

「すね毛は男らしさの象徴だからそのままで良い」

「ボーボーだと気持ち悪いから徹底的に処理してほしい」

「ツルツルは気持ち悪いけどボーボーも嫌」

「美意識高くすね毛を処理している男は気持ち悪い」

実際に日本の20代女性をメインにアンケートをした結果でも、ここまで意見が割れるのか……と少々驚かされるほどです。みんな、言ってることがバラバラです。

ファッションサイトのモデルさんが半ズボンを履きこなしている画像を見てみると、ほとんどの画像でうっすらとすね毛が生えていることが確認できます。

「無造作にボーボー生えているすね毛」

「ツルツルに徹底処理されているすね毛」

どちらも確認が出来なかったことから、ひとまず万人受けを狙うには適度なすね毛量をキープしておくことが最も安パイであることが伺えますね!

すね毛処理の最も効果的な方法は?

綺麗な足の画像

「すね毛の処理をどうしているか」なんて男同士で話すことはありませんよね?
実際に正しいすね毛の処理方法はそこまで普及しておらず、みんな自己流で片付けてしまっているのが現状です。

実際にいくつかあるすね毛の脱毛方法について、そのメリットやデメリットについて確認して見ましょう。

すきカミソリで程よい濃さに「剃る」方法は効果大

すきカミソリの写真

すね毛専用のカミソリが販売しているのをご存知ですか?

シェーバーで一気に剃ってしまうと「ツルツル」になってしまって、いかにも「剃ってきました」感が出てしまいます。「ツルツルな足は嫌だ」という女性も多いということなので、出来ればある程度はすね毛を残しておきたいところ。

そこで活躍するのが「すきカミソリ」です。

このカミソリを使えば、すね毛をちょうどよく残しつつ、かつ適度な濃さまですね毛を刈り取ることが可能です!文字通りすね毛を「すく」ことができます。

この他にも、すね毛の長さ調整をするキットが付属したすね毛専用の電動メンズボディシェーバーなどが人気です。

均等に美しく剃るにはコツが要りますが、こうしたアイテムを使うことですね毛をちょうど良くカットする処理方法はかなり効果的でしょう。

何よりも嬉しいのは、自宅で簡単にできてかつ費用もさほどかからないという点。

「明日のデートのために今すぐに処理できる方法はないか!」そんな緊急を要する場合にも、ドラッグストアなどで買ってくれば直ぐに処理できるのが良いですね。

すね毛を「抜く」と肌トラブルの原因になってしまうのでNG

毛抜きの画像

毛抜きですね毛を抜く方法、これは自宅で手軽にできるすね毛処理の一つです。

気になっている部分の毛を1本単位から処理することが出来るので、細かい部分の処理にはうまく活用していきたい方法ですね。

しかし、この方法にはデメリットが多く、オススメできません。

すね毛を抜くというのは、生きている毛を無理やり引っこ抜いているということです。

毛を抜いてしまうことで毛穴がぽっかりと空いた状態になりますし、これを繰り返すことで毛穴が広がる原因にもなります。そこへ汚れや皮脂が溜まることで肌が黒ずみ、せっかく処理をしているにも関わらず見た目が汚くなってしまう可能性があります。

また、無理に毛を引き抜こうとすることで埋没毛や炎症を引き起こしたり、色素沈着によるシミの原因にもなりかねません。

何より膨大な毛を一本一本間引くにはかなりの時間がかかる上、毛が濃いとかなりの痛みを伴います。

とにかく無理やり毛を抜くことで毛穴にも肌にも大きな負担がかかってしまいます。
手軽にできる方法ではありますがあまりにもデメリットが多すぎるので毛抜きでの過度な脱毛はやめておきましょう。

すね毛の色を脱色して目立たなくする

除毛クリーム画像

すね毛を脱色させることで目立たなくさせる方法、これもすね毛対策の一つです。

腕や足に塗る専用のクリームを使う方法はとにかく手軽で簡単。気になる部分にクリームを塗って、15分ほど経った後に洗い流すだけです。これでムダ毛が金色と茶色の中間みたいな色に変わります。

日本人の毛は黒いので肌との色差で目立ちますが、すね毛を脱色させてしまえば肌の色とどうかして目立たなくなります。

実際には毛量は変わっていませんが、パッと見で「毛が濃い」とは思われないレベルにすることが可能です。

しかし、近距離で見られると直ぐにバレてしまうのが難点です。

歩いていたり走っていたりすれば目立つこともありませんが、電車で立っている時や相手と接近した際には割と簡単に違和感を抱かれてしまいます。

さらに、後から生えてくるすね毛はもちろん黒いままなので、時間が経つと脱色した部分と生えてきた黒い部分がツートンカラーになり、余計に目立ってしまいます

毛が目立って嫌だからという理由で処理をしているのに、脱色をすることでかえって目立ってしまうのは本末転倒だしものすごく恥ずかしいですよね。

脱色がバレてしまった時の気まずさを考えれば、あまりオススメの出来ない方法といえるでしょう。

ブラジリアンワックスですね毛を処理する

除毛クリームの画像

ブラジリアンワックスを使えば、一人でも自宅で綺麗にすね毛を処理することが可能です。

この方法であれば、それなりの痛みを伴う代わりに毛根から毛を除去できるので、カミソリで剃るよりも綺麗に剃ることが出来ます。

生えてくる時間を考えてもカミソリで剃るより長持ちします。

しかし、この方法はあくまでもすね毛をごっそり処理する方法です。

「ツルツルのすね毛は嫌だ」という女性が一定数いるため、この方法が最善策かどうかは意見の割れる部分でしょう。

除毛クリームで痛みを感じずにすね毛をツルツルにする

除毛クリームを使った脱毛も、今ではかなり普及していますね。

クリームですね毛を溶かして一気に除去する方法なので、ブラジリアンワックスのような痛みを伴うことなくツルツルの足を手に入れることが出来ます。

肌の弱い人は事前のパッチテストを行い、自分との相性が問題ないかしっかり確認しましょう。

しかし、やはりすね毛を一気に除去する方法となりますので女性受けを考えると最善策かどうかはなんとも言えません。

脱毛サロンで好みの薄さをデザインするのが最良

脱毛サロン画像

何と言ってもプロの力を借りるに越したことはありません。

今では男性専門の脱毛サロンも数多くサービス展開しており、男性がサロンへ通うのが当然の時代です。

専門家の意見を仰ぎつつ、自らの毛の濃さを調整してしまう方法が最良の手段でしょう。

男性のすね毛に関しては「適度に残した方が良い」という意見が最も多いため、女性のように「永久脱毛」をする必要性はありません。あくまでも毛が薄くなれば良いのです。

その為、毛根を根絶やしにするまで足繁くサロンへ通う必要もありませんし、人によっては数回の施術ですね毛を薄くすることが可能です。

自宅で手軽にできる方法と比べ、費用も手間もかかるというデメリットはありますが、一度毛を薄くしてしまえばその先すね毛で悩む必要は無くなります。

将来的な部分を考えれば、決してコストパフォーマンスは悪くないと言えるでしょう。

すね毛処理は男のマナー!とにかく量を減らす

男性画像

女性のムダ毛に関しては「全身永久脱毛」という模範解答が出ているのに対して、男性のすね毛に関しては正解が未だに出ていません。

しかし、万人受けを狙うためには適度な薄さのすね毛を生やしておくことが最良だと言えるでしょう。

ボーボーに生やしておくか、あるいは根こそぎ除毛してしまうか。このどちらかであれば簡単なのに「適度に残しておく」だなんて、とても厄介ですよね。

実際のところ、すね毛の状態を気にしながら夏場を過ごすよりも、脱毛サロンで毛を薄くしてしまった方が楽だと考える男性も多くなっているそうです。

夏が近づくと脱毛サロンへの問い合わせが増えるので、みんなムダ毛の処理に苦戦していることが分かります。

まとめ:程よい濃さを保つには脱毛サロンを利用するのが一番

結論としては、濃すぎずツルツルでもなく程よい濃さのすね毛でいることが一番良いということになります。

なかなか難しい話ですが、どうにか女性からのマイナス評価にならないよう、ちょうど良いすね毛の状態をキープしておきたいところですね。

自己処理でこの「程よい」濃さをキープするのはかなり難しいです。

やはり、プロの手を借りて脱毛するのが最良の方法です。

自己処理で皮膚のトラブルを抱えてしまうと治療などでいらぬ出費がかさむことも考えられます。そうならないためにも最良の方法を選択する必要があります。

今回ご色々な脱毛の方法を紹介しました。その中からぴったりの方法を見つけ、実行してもらえたら幸いです。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報