脱毛LOVEトップ みんなの脱毛コラム 家庭用脱毛器 リーオ

リーオで家庭でも本格脱毛!家庭用IPL光脱毛器の実力は本物?

「ムダ毛は気になるけど、脱毛サロンに通うのはちょっと……」

ムダ毛処理に悩みながら、脱毛サロンに通うのをためらっている人もいますよね。料金の面や、時間がとれないなど、理由はさまざまでしょう。

家庭用脱毛器リーオなら、自宅で空いている時間に脱毛ができます。

この記事では、家庭用脱毛器Leeo(リーオ)の特徴やメリット、注意点、使い方、購入方法などを口コミも含めて紹介します。

リーオの購入するかどうか、ぜひ参考にしてくださいね。

 

※ Leeo(リーオ)は、脱毛サロンで導入されている脱毛方法と同じIPL光脱毛!リーズナブルなお値段で持ち運びも簡単なコンパクト設計!

口コミで評判が良い、みんなに人気のアイテムです。

安心して脱毛ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトを確認してみましょう。
>>Leeo(リーオ)のご購入はこちら

 

家庭用脱毛器Leeo(リーオ)ってなに?



リーオは、家庭で使える光脱毛器です。家庭用脱毛器は、いくつか種類がありますが、リーオは持ち運びできるコンパクト設計で、料金もリーズナブルなのが特徴。

ムダ毛が気になるけれど、サロンに通う時間がない、サロンに行くのは費用が高くて無理という人もいますよね。リーオは、その悩みを解消に導いてくれる家庭用脱毛器です。

1回購入すれば、いつでも好きな時に好きな場所で脱毛ができます。

Leeo(リーオ)はIPL光脱毛器(フラッシュ式)

家庭用脱毛器に搭載されている脱毛方式もいくつかありますが、リーオはIPL脱毛ができる脱毛器です。IPL脱毛とは、光脱毛であり脱毛サロンで導入されている脱毛方法です。

ジェルを使わない脱毛なので、自宅でも手間がなく照射が可能。また、IPLの光には美肌の効果も期待できると言われています。リーオには脱毛用カートリッジのほかに、スキンケア用カートリッジもついているんですよ。

IPLの光には肌のコラーゲンを活性化する働きがあり、肌のターンオーバーを促進、シミやくすみなどの原因になるメラニン色素の分解などの効果が期待できます。

IPL脱毛器を美顔器として使っている人もいます。

IPL脱毛ができるリーオがひとつあれば、脱毛で自己処理不要な肌にしながらツルツルの美肌も目指せるんですよ!

家庭で脱毛サロン級の施術ができる

ムダ毛は、自己処理で対応しているという人が少なくありません。ですが、自己処理は肌を傷つけるリスクがあることをご存知でしたか?

例えば、手軽に出来るカミソリによる自己処理は、ムダ毛と同時に肌表面も削ってしまっています。

また、ドラッグストアでも簡単に手に入る脱毛クリームは、毛のたんぱく質を溶かすことで除毛を行っていますが、実は毛を溶かすと同時に肌表面も溶かしてしまっています。

そして、結果的にムダ毛の処理のために肌トラブルを起こすことに。

その点、リーオを使えば肌トラブルを抑えながら、脱毛サロン級の脱毛をご自宅で手軽にできちゃうんです!

家庭用脱毛器Leeo(リーオ)を使うメリットは?

Leeo(リーオ)を使うメリットとは?

そもそも脱毛には、脱毛クリニック、脱毛サロン、そして家庭用脱毛器でセルフケアをする方法があります。

クリニックで脱毛を行う場合、出力が高い脱毛器を使っている為に効果が高く、少ない回数で脱毛を終わらせることができます。

ただ、他の脱毛法と比べて料金が高いというデメリットがあるため、なかなか踏み出せないですよね?

また、脱毛サロンに通う場合は、料金は安く抑えられますが、クリニックの3倍近い回数を通う必要があります。場合によっては、2年近くかかることも。

その点、家庭用脱毛器なら自分のペースで脱毛できるので気軽です。数ある家庭用脱毛器の中でもリーオを選ぶメリットを紹介します。

リーズナブルな料金でツルスベ肌を目指せる

家庭用脱毛器はリーオのほかにも、種類があります。その中でもリーオを選ぶメリットのひとつは、料金がリーズナブルであるということ。

一般的な家庭用脱毛器は、平均的に50,000~100,000円近い値段が設定されています。自分で脱毛する手間も考えると、脱毛サロンに行った方がいいのではないかという気もしますよね。

ですが、リーオは通常価格39,800円で相場よりも安く抑えられています。

また、コンパクト設計で持ち運びに便利なところもメリットの一つ。その重さは500gですから、500mlのペットボトルと同じ重量ですね。

カバンに入れて持ち歩くこともできますし、場所も取りません。ですから、旅行に出かける時でも手軽に持ち歩けて、非常に便利です。

メンズ脱毛も可能だからカップルでも使える

男性が使用ができるのもリーオのメリット。

最近では、男性もムダ毛処理に悩んでいる人が増えています。特に毛深い人は、髭を1日に何度も剃らなければいけないことも。

異性からの評判も、「男性の髭は不潔」というものが多く、毛深いことを気にして脱毛サロンに通う男性も多くなっています。しかし、男性で脱毛サロンに通うことには、少し抵抗があるものです。

リーオの場合は、照射の回数を重ねることでだんだんと生えてくる毛が細くなり、剃った後で青髭になってしまったり、剃りすぎて深剃りをしてしまったりということから解放されるんです。

リーオが1つあれば、恋人同士や夫婦や家族で共用できるので、とっても便利ますよ。

デリケートゾーンの脱毛も恥ずかしくない!

脱毛をしたい部位の中でも、VIOは上位に入りますよね?男性から「恋人のVIOがボーボーなのを見て、がっかりした」という意見が多数あるのも事実です。

しかし、「いくら脱毛のためとはいえ、デリケートゾーンをスタッフに見られるのは恥ずかしい」と感じている人がほとんど。

各脱毛サロンでは恥ずかしくないような心遣いをしてくれますし、実際に慣れてしまえば、恥ずかしいと思わなくなったという口コミは多いものです。

ですが、それでもまったく抵抗なく通えるかと聞かれると、少し難しいでしょう。

この、「処理したいけど、恥ずかしい」というジレンマを、リーオは解消してくれます

自宅でセルフケアできる脱毛処理ですから、デリケートゾーンだって、恥ずかしくなく、しっかりと脱毛

Vラインのデザインを、自分で自由に決められるのもうれしいですね。

家庭用脱毛器Leeo(リーオ)を使う注意点は?

リーオを使う際の注意点とは?

リーオは自分の空き時間に脱毛できるのがメリットですが、使うにあたっての注意点もあります

せっかくリーオを入手しても、使い方を間違えると危険なことも。そこで、リーオを使うときの注意点について説明します。

しっかりと守れば、安全に使用できますから、しっかりと確認しておきましょう!

Leeo(リーオ)は妊娠のときは使用ストップ

脱毛サロンの施術は、妊娠したとわかったら施術はストップするようになっています。

「妊娠したら照射できないなんて、IPL脱毛の光は体に害があるのでは?」

不安になってしまいますが、IPL脱毛の照射が体に害があるわけではありません。

では、なぜ妊娠すると施術できなくなるかというと、妊娠中はホルモンバランスも不安定で肌がデリケートになるため、肌トラブルが起きやすくなるからです。

妊娠中は、ホルモンの分泌のバランスが変化する影響で、体毛が濃くなることがあります。

家庭用脱毛器で処理を行いたいところですが、肌が敏感になっていることを考慮し避けるようにしたほうが良いでしょう。

どうしても気になるようなら、デリケートゾーンへの照射は避け、腕や足など痛みを感じにくい部位だけにするのがオススメ。

妊娠中は、痛みなどのストレスになるようなことも避けたほうが良いためです。

生理のときは肌が敏感になる

脱毛サロンで施術を受ける場合、生理中はVIOの脱毛は不可としているところがほとんどです。

VIO以外はOKにしているサロンもありますが、生理のときは肌がデリケートになっているために痛みを感じやすく、VIO以外の脱毛もおすすめではありません。

これは家庭用脱毛器も同様で、肌がデリケートになっているのは同じであるため、リーオの使用は避けたほうが良いです。

脱毛サロンの施術は予約が必要なので、生理のためにできなくなってしまうと損をした気分になりますよね?

でも、リーオならいつでも照射できますから、痛みを強く感じやすい生理のときは照射をお休みすることがおすすめです。

ほくろやシミなど色素沈着している部分は保護する

リーオはIPL脱毛器。毛の黒いメラニン色素に反応するシステムです。

そのため、ほくろやシミなどの色素沈着をしている部分にも反応してしまうことがあり、火傷のリスクを伴うことも。

ほくろやシミを含め、色素沈着してしまっている部分が薄ければ、ファンデーションなどで保護してから照射するようにしましょう。

ファンデーションではカバーできないくらい濃いのであれば、絆創膏などを色素沈着部分をカバーできる大きさにカットして、貼ってから照射することがおすすめです。ニキビ跡など、色素沈着してしまっている部分についても同様。

また、リーオを使って脱毛している期間は、日焼けもNG。黒くなっている肌表面に熱が伝わってしまい、火傷を負ってしまうリスクがあるためです。

Leeo(リーオ)の使い方はとっても簡単

リーオの使い方

リーオを使う場合は、以下の手順で進めていきます。

  1. 本体に電源アダプターを差し込む
  2. メインスイッチをONにする
  3. 照射レベルを設定して脱毛したい部位に当てる

たったのこれだけです。複雑な操作は必要ありませんから、手軽に使用できそうですよね?

ただしリーオは充電式の脱毛器であるという点に注意が必要です。

70分間充電をすることで60分間の使用が可能です。いつでも使用できるように、充電をしておくと良いでしょう。

また、照射レベルは3段階で調節できます。リーオは、肌に密着させないと照射ができない安全設計になっているので、うっかり強いレベルにしてしまっても、安全に使えるんです。

また、同じ部分への照射は10日ほど間を空けて行うのが、効果をアップさせる秘訣です。

Leeo(リーオ)の口コミや評判はどう?

「忙しくて、サロンに通う時間もなく、リーオを購入しました。1か月ほど使っていますが、少しずつ効果があらわれて、生えてくる毛が細くなっています。使い続けてみます。」(20代/女性)

「サロンに行くのはちょっと恥ずかしかったので、リーオを買いました。本当に効果があるかどうか心配でしたが、だんだんと自己処理がラクになってきて、確実に効果を感じています。」(40代/女性)

「ひげが濃くて悩んでいました。サロンに行くのはお金もかかるので、リーオを買いました。濃かったひげが、薄くなってきた気がします。継続して使ってみます。」(30代/男性)

良い口コミを検証すると、少なくとも1か月ほど使い続けて効果を実感しているという人が多いです。

脱毛サロンの施術であっても、1回で劇的な効果を実感することはできません。サロンに行かずに、サロン級の効果が実感できるというのは、うれしいことですね。

家庭用脱毛器Leeo(リーオ)どこで買えるの?

リーオは公式サイトから購入できます。保証もついていますから、安心して利用できます。

セット販売内容は次の通り。

  • 本体
  • 電源アダプター
  • 脱毛用カートリッジ
  • スキンケア用カートリッジ

希望小売価格は39,800円。リーオは、照射を3レベルの調節で設計されているため、リーズナブルな価格で提供できるんです。

もちろん、その3レベルはよく使われる強さで調整されている為、使う際に不便を感じることは少ないですよ!

また、キャンペーンで安くなっていることもあります。タイミングが良ければ半値近いキャンペーン価格で購入できる場合もあります。もし見かけた場合はお見逃しなく!

まとめ:ムダ毛の処理は肌トラブルを起こす前にLeeo!

ムダ毛が気になるけれど、サロンに通う時間やお金がない、また、デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいという人にとって、家庭用脱毛器は強い味方です。

コンパクトで持ち運びもできるので、いつでも好きな時に脱毛できるのもうれしいポイント。

ムダ毛の自己処理に悩んでいるのであれば、セルフケアが手軽にできるリーオがおすすめなんです!

誤った自己処理を続けていると、肌荒れを起こしてしまうこともありますので、ぜひお早めに、試してみてくださいね。
※ Leeo(リーオ)は、脱毛サロンで導入されている脱毛方法と同じIPL光脱毛!リーズナブルなお値段で持ち運びも簡単なコンパクト設計!

口コミで評判が良い、みんなに人気のアイテムです。

安心して脱毛ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトを確認してみましょう。
>>Leeo(リーオ)のご購入はこちら

 

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報